au iPhone

【2021年最新版】auおすすめ最新スマホ機種変更人気ランキング!

新しいスマホやiPhoneを購入する理由は、

  • 気に入ったメーカーの最新モデルが欲しい
  • とにかく価格が安い機種が欲しい
  • やっぱり使い慣れているiPhoneが欲しい

など、ユーザーによって多種多様かと思います。

 

しかし、中には「どの機種が良いのか全然わからない」「今利用している機種との違いがわからない」などの理由から、機種選定を迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

本記事では、auのおすすめスマホやiPhoneをランキング形式でご紹介します。

auの最新キャンペーン情報はこちら



au最新スマホとiPhoneの発売日一覧

まずはauの最新スマホとiPhoneの発売日について、2020年春モデル以降に発売(予定)されているものを基準に一覧でご紹介します。

製品名 発売日
BASIO4 2020年2月21日
Galaxy Z Flip 2020年2月28日 
Galaxy S20 5G 2020年3月26日
AQUOS R5G 2020年3月27日
iPhone SE(第2世代) 2020年5月11日
Xperia 1 II 2020年5月22日
Galaxy S20+ 5G 2020年6月4日
Xperia 10 Ⅱ 2020年6月4日
AQUOS sense3 basic 2020年6月19日
Galaxy S20 Ultra 5G 2020年7月3日
Galaxy A41 2020年7月8日
OPPO Find X2 Pro 2020年7月22日
ZTE a1 2020年8月5日
GRATINA (グラティーナ)
2020年9月4日
Mi 10 Lite 5G 2020年9月4日
Galaxy S20+ 5G BTS Edition
2020年9月11日
AQUOS zero5G basic DX 2020年9月19日 
Google Pixel 5
2020年10月15日
Galaxy Note20 Ultra 5G 2020年10月15日
Xperia 5 II 2020年10月17日
iPhone 12 2020年10月23日
iPhone 12 Pro 2020年10月23日
Galaxy Z Fold2 5G 2020年11月4日
Galaxy Z Flip 5G 2020年11月4日
Galaxy A51 5G 2020年11月7日
iPhone 12 mini 2020年11月13日
iPhone 12 Pro Max 2020年11月13日
AQUOS sense5G 2021年2月10日
Galaxy A32 5G 2021年2月25日
TORQUE 5G 2021年3月26日

一覧で振り返るとランナップの多さに改めて驚かされます。合計29機種、これだけ多いと悩んでしまうのも無理はありません。

どのスマホを購入しようか?と、品定めをしても「結局、どのスマホが良いかわからない」とならぬよう、価格や性能とのバランスをしっかりと見極めて選んでいきましょう。

 

au最新スマホとiPhoneの価格一覧

続いて、最新AndroidスマホとiPhoneの販売価格について確認します。

以下全て税込

製品名
auオンラインショップ価格 かえトクプログラム適用時
BASIO4
35,600円 28,520円
 Galaxy Z Flip
179,360円 119,600円
Galaxy S20 5G
106,590円 62,790円
AQUOS R5G
106,870円 64,630円
iPhone SE
(第2世代) 
64GB 55,270円 28,750円
128GB 61,250円 31,970円
256GB 75,215円 39,215円
Xperia 1 II 122,500円 72,220円
Galaxy S20+ 5G 122,435円 70,955円
Xperia 10 Ⅱ 49,990円 39,790円
AQUOS sense3 basic 22,000円 17,710円
Galaxy S20 Ultra 5G 165,980円 96,140円
Galaxy A41 34,100円 27,140円
OPPO Find X2 Pro 92,040円 55,200円
ZTE a1 59,980円 36,340円
GRATINA (グラティーナ)
29,920円 23,920円
Mi 10 Lite 5G 42,740円 29,900円
Galaxy S20+ 5G BTS Edition 145,255円 非対象
AQUOS zero5G basic DX 81,315円 47,955円
Google Pixel 5
79,935円 43,815円
Galaxy Note20 Ultra 5G 159,830円 94,070円
Xperia 5 II 109,425円 63,825円
iPhone 12
64GB 103,430円 55,430円
128GB 108,260円 57,500円
256GB 122,435円 65,435円
iPhone 12 Pro 128GB 127,495円 67,735円
256GB 140,750円 74,750円
512GB 168,170円 89,930円
Galaxy Z Fold2 5G 259,980円 155,940円
Galaxy Z Flip 5G 185,835円 111,435円
Galaxy A51 5G 75,435円 45,195円
iPhone 12 mini
64GB 90,065円 48,185円
128GB 95,240円 50,600円
256GB 109,305円 58,305円
iPhone 12 Pro Max 128GB 141,900円 75,900円
256GB 155,150円 83,030円
512GB 181,540円 97,060円
AQUOS sense5G 39,890円 26,450円
Galaxy A32 5G 31,190円 25,070円
TORQUE 5G 88,885円 53,245円

※かえトクプログラムの価格は、購入後13か月目~25か月目までに新たな機種に買い替えて、端末をauへ回収に出した場合の実質価格です。

 

上記の通り、2万円台〜25万円台のスマホまで価格の幅が広すぎますが、どのスマホを購入するにせよ、かえトクプログラムを有効活用していきたいところです。

かえトクプログラムとは、自動車の残価クレジット設定プログラムのような仕組みで、購入13~25ヶ月目にかえトクプログラムで購入したスマホをauへ回収に出すことで、残価(最終回分割金)の支払いを免除できる割引プログラムです。

最近では大幅な端末割引が規制されているため、かえトクプログラムをしっかり活用してオトクに購入したいものです。

関連記事:「auの「かえトクプログラム」をわかりやすく解説!

 

4Gスマホと5Gスマホはどちらを選ぶべきか?

現在発売中のauスマホには「4Gスマホ」と「5Gスマホ」の2種類ありますが、どちらを買うべきか?と悩ましいところです。

結論から言うと、次世代通信方式の5Gサービスはまだエリアが狭いため、5Gに対応しているかどうかではなく、端末そのものの性能や魅力を基準に選ぶことをおすすめします。

5Gが日本全国どこでもあたり前に使えるようになるには、まだ数年単位で時間がかかりますからね。

結局のところ、「絶対に5Gスマホが良い!」という強い希望がある場合は別として、基本的にはユーザー自身がこだわりたい特徴や性能を備えたスマホを選び、5Gに対応しているかどうかはおまけ程度で考えても良いと思います。

 

参考までに、4Gスマホと5G対応スマホを一覧でご紹介します。(4Gスマホは型番にV、5Gスマホは型番にGが入っているのが目印です)

4Gスマホ 5G対応スマホ
BASIO4(KYV47)
Galaxy S20 5G(SCG01)
 Galaxy Z Flip(SCV47) AQUOS R5G(SHG01)
iPhone SE(第2世代)全容量  Xperia 1 II(SOG01)
Xperia 10 Ⅱ(SOV43) Galaxy S20+ 5G(SCG02)
AQUOS sense3 basic(SHV48) Galaxy S20 Ultra 5G(SCG03)
Galaxy A41(SCV48) OPPO Find X2 Pro(OPG01)
GRATINA (グラティーナ)(KYV48) Mi 10 Lite 5G(XIG01)
ZTE a1(ZTG01)
Galaxy S20+ 5G BTS Edition(SCG02)
AQUOS zero5G basic DX(SHG02)
Google Pixel 5
Galaxy Note20 Ultra 5G(SHG06)
Xperia 5 II(SOG02)
iPhone 12
iPhone 12 Pro
Galaxy Z Fold2 5G(SCG05)
Galaxy Z Flip 5G(SCG04)
Galaxy A51 5G(SCG07)
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
AQUOS sense5G(SHG03)
Galaxy A32 5G(SCG08)
TORQUE 5G(KYG01)

 

 

キャンペーンや割引をフル活用!

au新規契約・機種変更する際は、現在提供中のキャンペーンをフル活用することを忘れずに意識しましょう。

キャンペーンは、期間限定で提供されているため、購入時期を逃してしまうと、大きく損してしまう可能性があります。

以下、現在auで提供中の最新キャンペーンの一部をご紹介します。

関連記事:「au最新割引キャンペーン情報まとめ

Galaxy機種変更おトク割

2020年12月24日からGalaxy機種変更おトク割が提供開始されました。

2020年3月に発売されたGalaxy S20 5G、そして2020年7月に発売されたGalaxy A41の2機種が対象で、機種変更限定で本体価格から割引されます。

「店頭」または「auオンラインショップ」どちらで購入しても割引対象となりますが、現在利用しているauスマホが12ヶ月以上経過していなければキャンペーン対象外となってしまいます。

 

5G機種変更おトク割

2020年12月1日から、条件を満たして対象機種を購入すると店頭では5,500円割引、auオンラインショップでは5,500円相当のau PAY残高が還元される「5G機種変更おトク割」がスタートしました。

新しくスタートしたといっても、中身は先月末で終了した「秋トクキャンペーン」と同様のもので、対象機種への機種変更と同時に対象の料金プラン故障紛失サポート with AppleCare Servicesまたは故障紛失サポートに新たに加入するかすでに加入していることが条件となっています。

対象機種はiPhone 12シリーズ全4機種、Androidスマホ8機種合計12機種です。

 

詳細な条件は以下の通りです。

5G機種変更おトク割の条件

以下の①〜③をすべて満たすことで適用されます。

  1. 機種変更(現在の機種を12カ月以上利用)で対象機種を購入すること
  2. 使い放題MAX 5G ALL STARパック/使い放題MAX 5G テレビパック/使い放題MAX 5G Netflixパック(P)/使い放題MAX 5G with Amazonプライム/使い放題MAX 5G/データMAX 5G ALL STARパック/データMAX 5G テレビパック/データMAX 5G Netflixパック(P)/データMAX 5G Netflixパック/データMAX 5G with Amazonプライム/データMAX 5Gに新たに加入するか、すでに加入していること
  3. 「故障紛失サポート with AppleCare Services(有料)」または「故障紛失サポート(有料)」に新規加入するか、機種変更後も継続して加入すること

正直、条件が多すぎて頭が痛くなるところかもしれません。

特に使い放題の高容量データパックが指定プランとなっているため、普段データ量をそこまで利用しない方は活用しなくても良いと思います。割引を受けるために背伸びして高いランニングコストをかける必要はありませんからね。

購入機種・希望プラン・補償の希望に偶然マッチしたらラッキーといった具合でおまけ程度に考えて良さそうです。

 

au Online Shop お得割

2020年4月1日より提供開始されているau Online Shop お得割は今月も継続中です。

au Online Shop お得割の特典内容は、新規契約(MNP含む)または機種変更(旧機種12ヶ月以上利用)で対象機種を購入すると、本体価格から最大22,000円(税込)割引されるキャンペーンです。

 

従来よりauオンラインショップは頭金不要で購入できる点において店頭より有利でしたが、au Online Shop お得割はそこからさらに最大22,000円(税込)割引で購入出来るため、他チャネルよりも有利なのは一目瞭然です。

しかし、このような割引キャンペーン提供時は人気機種の在庫が枯渇しやすい点に注意が必要です。

auスマホの購入を検討している方は、希望機種の在庫を早めにauオンラインショップでご確認ください。

詳細記事:「au Online Shop お得割で新機種が最大22,000円(税込)割引!

 

auの5Gスマホおすすめランキング

5Gスマホのランキングを選定するにあたり、以下のような基準で格付けしています。

5Gスマホ選定基準
  1. 人気と知名度の高さ(auオンラインショップのランキングも参考)
  2. 価格と性能のバランス
  3. 数年後も満足して使えるスマホかどうか
  4. 周りの大切な人に心の底からおすすめしたいスマホかどうか

1位:iPhone 12 Pro

5G対応スマホでダントツにおすすめなのは2020年10月23日発売の「iPhone 12 Pro」です。

「iPhone 12 Pro」は新たに、Dolby Vision録画対応・A14 Bionicチップ搭載・LiDARスキャナ搭載・暗い場所での写真撮影・5G対応・ナイトモードポートレート対応・Ceramic Shield搭載という点で前作より進化しました。

iPhoneだけで動画コンテンツを生み出すプロがこれから増えてくるのではないだろうかと思うほど、カメラの進化に驚かされます。

 

2位:Galaxy Note20 Ultra 5G

2位は「Galaxy Note20 Ultra 5G」です。

本心は1位と甲乙つけがたいほどおすすめしたいスマホなのですが、「ウルトラ」という名の通り約6.9インチの超大画面が「大きすぎて持ちづらい」と感じる方がいらっしゃるのではないかと思い、2位としました。

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、画面リフレッシュレート120Hz、5G対応、約1億800万画素の広角カメラを含む4眼レンズを搭載、8K動画撮影対応、最大50倍の超解像度ズームに対応、RAM12GB/ROM256GBのモンスターメモリ、Sペンのレスポンスが大幅向上など、他の追従を許さない圧倒的なスペックを有しています。

数値スペックでみればiPhone 12 Proと比較できないほどパワフルな性能と魅力をもっています。が、やはり本体サイズがむちゃくちゃ大きいのが特徴です。

可能な限り、実機で大きさや操作の感触を確かめた上で購入することをおすすめします。

「Galaxy Note20 Ultra 5G」は2020年10月15日より発売中です。

詳細記事:「auのGalaxy Note20 Ultra 5G(ギャラクシーノート20ウルトラ5G)SCG06の魅力を徹底解説!

 

3位:iPhone 12

3位は2020年10月23日発売の「iPhone 12」です。

「iPhone 12」は新たに5Gに対応、スマートフォンで最速のA14 Bionic チップを搭載、 Super Retina XDR(有機EL)ディスプレイ搭載、耐落下性能を4倍向上させたCeramic Shield採用、どのカメラでも使えるナイトモードに対応など、大半はiPhone 12 Proと変わらない性能をもっています。

LiDARスキャナ非搭載、望遠カメラ非搭載、ナイトポートレート非対応、Apple ProRAW非対応などの点でProシリーズよりも劣っていますが、とは言え長く・快適に使い続けられるのは間違いありません。

詳細記事:「iPhone 12とiPhone 12 miniの特徴や魅力まとめ

 

4位:Xperia 5 II

4位は「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」です。

「Xperia 5 II」は6.1インチの4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載、リフレッシュレートは120Hz駆動(ゲームエンハンサーの設定で最大240Hz駆動まで対応)、前作Xperia 5から最大4倍進化した240Hzのタッチスキャンレートでタッチレスポンス速度が約35%向上、1220万画素対応のトリプルカメラを搭載、「Photography Pro」や「Cinematography Pro」でプロ仕様の撮影体験が可能など、語り尽くせないほどの特徴や魅力を備えています。

カメラ、ゲーム、ミュージックなどすべてのエンタメコンテンツを快適に楽しめるよう、ソニーの技術を結集して作り込まれた1台です。

Xperia 5 IIは2020年10月17日発売です。

詳細記事:「auのXperia 5 II(エクスペリアファイブマークツー)SOG02の特徴や魅力まとめ!

 

5位:Galaxy S20シリーズ

5位は「Galaxy S20シリーズ」のGalaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultra 5Gの3モデルです。

3モデルともau2020年春夏モデルとしてすでに発売中のスマホですが、2020年秋冬モデルと比較して劣っている点は微塵も感じません。

 

Galaxy S20シリーズでは、ディスプレイを邪魔する画面ノッチがなく、インカメラもパンチホールデザインなので、画面占有率が大きいのが特徴です。あらゆるコンテンツの没入感を高めてくれます。

いずれのカメラも8K動画撮影に対応しており、撮影した動画から約3,300万画素の静止画を抽出し、写真として保存することも可能です。

なお、Galaxy S20 Ultra 5Gに関しては最大1億800万画素の超高画質カメラを搭載しており、目を見張るような撮影体験が可能です。

ちなみにGalaxy S20は2020年3月26日から、Galaxy S20+は2020年6月4日から、Galaxy S20 Ultra 5Gは2020年7月3日からすでに発売中です。

詳細記事:「auのGalaxy S20 5G/Galaxy S20+ 5Gの魅力を徹底解説!

 

6位:AQUOS sense5G

6位はAQUOS sense5G(SHG03)です。

AQUOS senseシリーズといえば、前作では発売以来8ヶ月連続で日本一売れ続けたAndroidスマホとして確固たる地位を築きました。

今作のAQUOS sense5Gは、ディスプレイサイズ/電池容量/望遠カメラ追加(3眼カメラ)/処理能力向上などの点で一層進化しています。

そしていよいよ5G対応

しかも価格は税込39,890円(オンライン価格)というコスパの良さは相変わらずです。

高度な処理を必要とするゲームアプリなどには不向きですが、SNSや検索利用がメインの方にとっては手頃で使い勝手の良い1台でしょう。

関連記事:「auのAQUOS sense5G(アクオスセンス5G)SHG03の特徴や魅力まとめ!

 

auの4Gスマホおすすめランキング

4Gスマホのランキングを選定するにあたり、以下のような基準で格付けしています。

4Gスマホ選定基準
  1. 人気と知名度の高さ(auオンラインショップのランキングも参考)
  2. コストパフォーマンスの良さ(価格と性能バランス)
  3. 周りの大切な人に心の底からおすすめしたいスマホかどうか

1位:iPhone SE(第2世代)

auの4GスマホでおすすめNo.1は「iPhone SE(第2世代)」です。

iPhone SE(第2世代)は、前作のiPhone SE(第1世代)のコンセプトを継承しながらも、見た目はiPhone 8そのものですが、パフォーマンスにおいてはiPhone 11や11 Proと同等の「A13 Bionicチップ」を搭載し、あらゆるゲームアプリ遊びつくしても、動作がグラつくことは一切ありません。

価格は64GBで55,270円(かえトクプログラム適用時:28,750円〜)コスパ最強iPhoneです。

今年は日常的にマスクをつけたまま外出することが多いと思いますが、外出先でもTouch IDによる指紋認証で画面ロック解除、キャッシュレス決済の認証などが使えるのもありがたいポイントです。

詳細記事:「私がiPhone SE(第2世代)を2ヶ月使ってみて良かった点と不便な点をレビュー!

 

2位:Xperia 10 Ⅱ

2位は「Xperia 10 Ⅱ(エクスペリア テン マークツー)」です。

Xperia 10 Ⅱはミドルスペックモデルでありながら、バランスの取れたカメラ性能とパフォーマンス性能を備えており、SNSや動画アプリはもちろん、有名なゲームアプリも難なく楽しむことができます。

なお、画面比率21:9のワイドな有機ELディスプレイで2つのアプリを同時に起動することができるため、ショッピングサイトを見比べたり、ニュースを見ながら気になるワードを検索したりすることができます。

アウトカメラは超広角、標準、望遠の3眼レンズを搭載し、あらゆるシーンも好きな画角でカメラに収めることがかんたんにできます。

それでいながら本体価格49,990円(税込)という驚きの安さです。

詳細記事:「auのXperia 10 II(エクスペリア テン マークツー) の特徴と魅力を解説!

 

3位:Galaxy A41

3位は「Galaxy A41」です。

「Galaxy A41」は、ディスプレイは約6.1インチのFHD+ Super AMOLED(有機EL)でほぼ全面ベゼルレス、アウトカメラには最大4,800万画素を含む3眼カメラレンズを搭載し深度測位カメラ搭載だからポートレート撮影がくっきり美しい、インカメラは約2,500万画素の1眼カメラながらポートレート撮影が可能、メモリにはRAM 4GB、ROM 64GBを搭載し、外部メモリは最大512GBのmicroSDXCまでサポートなどの特徴があります。

いわゆるミドルレンジスマホとして位置付けられますが、非常にバランスの取れた弱点の少ないスマホです。

 

ちなみに「Galaxy A41」はauだけでなくUQモバイルでも発売されており、本体価格はUQモバイルのほうが1万円以上安く提供されています。

auオンラインショップ UQモバイルオンラインショップ
39,540円(税込)
(かえトクプログラム適用時31,740円)
27,720円(税込)

とにかく安く購入したい方はUQモバイルも視野にいれつつご検討ください。

詳細記事:「auとUQモバイル同時発売の「Galaxy A41(ギャラクシーエーフォーティーワン)」の特徴や魅力について

 

4位:AQUOS sense3 basic

4位は「AQUOS sense3 basic」です。

AQUOS senseシリーズは、以前より通話やSNSやネット利用などミドルスペックスマホとして非常に幅広い世代から支持されています。

auのAQUOS sense3 basicは、税込本体価格22,000円(auオンラインショップ価格)という破格の値段でありながら性能バランスが優れた1台です。

これからはじめてスマホを使う方、すでにAQUOS senseシリーズを使っている方、とにかく安い機種を求めている方へぜひおススメします。

 

AQUOS sense3 basicの最大の特徴は電池容量4,000mAhを内臓する超長持ちバッテリー省エネIGZOディスプレイを組み合わせることで実現した驚異の電池持ちです。

さらに、急速充電を繰り返しても、電池への負担が少ない「インテリジェントチャージ」を採用しているので、バッテリーの寿命も長く持たせることができます。

 

また、撮りたいものにカメラを向けるだけで、撮影シーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトしてくれます。

しかも、被写体の動きに合わせて最適なシャッタースピードを決定してくれるため、ブレにくいキレイな写真をかんたんに残せます。

防水/防塵/耐衝撃性能を備えており、IGZO液晶がノイズを軽減してくれるため、濡れた手でディスプレイを触っても快適に操作できるという点もありがたいところです。

 

ちなみに「AQUOS sense3 basic」はauだけでなくUQモバイルでも発売されており、本体価格はUQモバイルのほうがさらに安いです。

auオンラインショップ UQモバイルオンラインショップ
22,000円(税込)
(かえトクプログラム適用時17,710円)
新規契約/機種変更11,880円(税込)
乗り換え(MNP)550円(税込)

とにかく安く購入したい方はUQモバイルも視野にいれつつご検討ください。

詳細記事:「auのAQUOS sense3 basic(アクオス センススリー ベーシック)は前作AQUOS sense3と何が違うのか?

 

auおすすめスマホの購入はauオンラインショップの活用を忘れてはいけない

ここまでauのおすすめスマホをランキング形式でご紹介してきましたが、オトクに機種変更するにはauオンラインショップの活用を忘れてはいけません。

 

auオンラインショップは頭金不要ですから 販売価格が店頭よりも安く、さらにWeb手続きで完結できるのでショップの待ち時間や手続き時間なく購入できるのが魅力です。

auのスマホへ機種変更する際は、頭金不要で24時間いつでも手続きできる点において圧倒的に有利な、auオンラインショップを確実に活用しましょう。

関連記事:「auオンラインショップで手続きする際の注意点、不明点、疑問点を解消する




POSTED COMMENT

  1. さかたのたかさ より:

    AQUOSシリーズはほぼほぼ5G系は全滅、
    下手すれば次機種までないかもしれない状態ですね、
    センス3はありますが、スペック上ゲームをよくやったり
    性能を気にする方には向きません、ZERO2は一部店舗に探せばありますが運任せレベルです、
    中国韓国メーカーに抵抗が無ければサムスン、華為等をメインに考えた方がいいと思います、
    抵抗があるという人はアンドロイドから離れてアイフォン、
    中華や韓国はちょっと、でもアップルにはしたくないという人は、現行縦長を我慢してSONYにするかAQUOSシリーズの新しいのを待つかしかありません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です