au 機種変更

【2020年最新版】auおすすめスマホ機種変更ランキング!

スマホの機種選びのポイントは、気に入ったメーカーの最新モデルが欲しい、とにかく価格が安い機種が欲しい、やっぱりiPhoneが使い慣れている、などユーザーによって多種多様かと思います。

 

しかし、中には「どの機種が良いのか全然わからない」「今利用している機種との違いがわからない」などの理由から、機種選定を迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

本記事では、auのおすすめスマホをランキング形式でご紹介します。

 

auスマホ新機種2020年春夏モデルの発売日一覧

まずは、auスマホ2020年春夏最新モデルの発売日について確認します。

機種別の発売日は以下の通りです。

製品名 発売日
 Galaxy Z Flip(SCV47) 2020年2月28日 
Galaxy S20 5G(SCG01) 2020年3月26日
AQUOS R5G(SHG01) 2020年3月27日
iPhone SE(第2世代) 2020年5月11日
Xperia 1 II(SOG01) 2020年5月22日
Galaxy S20+ 5G(SCG02) 2020年6月4日
Xperia 10 Ⅱ(SOV43) 2020年6月4日
AQUOS sense3 basic(SHV48) 2020年6月19日
Galaxy S20 Ultra 5G(SCG03) 2020年7月3日
Galaxy A41(SCV48) 2020年7月8日
OPPO Find X2 Pro(OPG01) 2020年7月22日
ZTE a1(ZTG01) 2020年8月5日
GRATINA (グラティーナ)(KYV48)
2020年9月4日
Mi 10 Lite 5G(XIG01) 2020年9月4日
Galaxy S20+ 5G BTS Edition
2020年9月以降

 

auスマホ2020年春夏最新モデルは2020年3月頃より順次発売され、最近ではある程度ラインナップが出揃ってきたところです。

どのスマホを購入しようか?と、品定めをしても「結局、どのスマホが良いかわからない」とならぬよう、価格や性能とのバランスをしっかりと見極めて選んでいきましょう。

 

auスマホ最新モデルの価格一覧

続いて、auスマホ最新モデルの販売価格について確認します。

 

製品名
auオンラインショップ価格 かえトクプログラム適用時
 Galaxy Z Flip(SCV47)
179,360円 119,600円
Galaxy S20 5G(SCG01)
117,480円 68,425円
AQUOS R5G(SHG01)
106,870円 64,630円
iPhone SE
(第2世代) 
64GB 55,270円 28,750円
128GB 61,250円 31,970円
256GB 75,215円 39,215円
Xperia 1 II(SOG01) 133,600円 79,120円
Galaxy S20+ 5G(SCG02) 133,280円 76,475円
Xperia 10 Ⅱ(SOV43) 49,990円 39,790円
AQUOS sense3 basic(SHV48) 22,000円 17,710円
Galaxy S20 Ultra 5G(SCG03) 165,980円 96,140円
Galaxy A41(SCV48) 39,660円 31,740円
OPPO Find X2 Pro(OPG01) 92,040円 55,200円
ZTE a1(ZTG01) 59,980円 36,340円
GRATINA (グラティーナ)(KYV48)
29,920円 23,920円
Mi 10 Lite 5G(XIG01) 42,740円 29,900円
Galaxy S20+ 5G BTS Edition 145,255円 非対象

※すべて税込価格です。

※かえトクプログラムの価格は、購入後13か月目~25か月目までに新たな機種に買い替えて、端末をauへ回収に出した場合の実質価格です。

 

価格表の通り、安い機種で2万円台から一番高い機種だと17万円台のスマホもあり、価格の幅が広すぎることがわかります。

ただ、どのスマホを購入するにせよ、かえトクプログラムを有効活用していきたいところです。

 

かえトクプログラムは、自動車の残価クレジット設定プログラムのようなサービス内容で、購入13~25ヶ月目にauへ回収に出すことで残価(最終回分割支払い額)の支払いを免除できる割引プログラムです。

最近では大幅な端末割引が規制されているため、かえトクプログラムをしっかり活用してオトクにauスマホを機種変更しましょう。

関連記事:「auの「かえトクプログラム」をわかりやすく理解する!

 

4Gスマホと5Gスマホはどちらを選ぶべきか?

現在発売中のauスマホには「4Gスマホ」と「5Gスマホ」の2種類ありますが、どちらを買うべきか?と悩ましいところです。

結論から言うと、次世代通信方式の5Gサービスはまだエリアが狭いため、5G対応可否ではなく、端末そのものの性能や特徴で選ぶことをおすすめします。

 

最高性能をもつハイエンドモデルのスマホは軒並み10万円以上の高価格帯で販売されているのに対して、標準的な性能をもつミドルレンジモデルは2万円〜10万円未満の価格帯です。

また、ハイエンドモデルのほとんどが5G対応スマホであるのに対して、ミドルレンジモデルのほとんどが4Gスマホという特徴もあります。

 

(4Gスマホは型番にV、5Gスマホは型番にGが入っているのが目印です)

4Gスマホ 5G対応スマホ
 Galaxy Z Flip(SCV47) Galaxy S20 5G(SCG01)
iPhone SE(第2世代)全容量  AQUOS R5G(SHG01)
Xperia 10 Ⅱ(SOV43) Xperia 1 II(SOG01)
AQUOS sense3 basic(SHV48) Galaxy S20+ 5G(SCG02)
Galaxy A41(SCV48) Galaxy S20 Ultra 5G(SCG03)
GRATINA (グラティーナ)(KYV48) OPPO Find X2 Pro(OPG01)
Mi 10 Lite 5G(XIG01)
ZTE a1(ZTG01)
Galaxy S20+ 5G BTS Edition

 

結局のところ、「絶対に5Gスマホが良い!」という強い希望がある場合は別として、基本的にはユーザー自身がこだわりたい性能や特徴を備えた製品を選び、5Gに対応しているかどうかはおまけ程度で考えても良いと思います。

日本全国どこでも5G通信が当たり前に使えるようになるには、まだ数年単位で時間がかかりますからね。

現時点では、妥当な4Gスマホを選んでおき、いざ5Gエリアが全国普及したときに思い切ってハイスペック5Gスマホを選ぶ、という感じでも良いかもしれません。

 

 

auおすすめスマホの購入はキャンペーンをフル活用!

auおすすめスマホへ新規契約・機種変更する際は、現在提供中のキャンペーンをフル活用することを忘れずに意識しましょう。

キャンペーンは、期間限定で提供されているため、購入時期を逃してしまうと、大きく損してしまう可能性があります。

以下、現在auで提供中の最新キャンペーンの一部をご紹介します。

関連記事:「au最新割引キャンペーン情報まとめ

5G夏トク機種変更キャンペーン

5G夏トク機種変更キャンペーンは、2020年7月10日〜9月30日の期間中に、対象機種への機種変更と同時に対象の料金プランに新規加入または加入中だと機種代金から5,500円(税込)割引されるといったものです。

 

適用条件は、

  1. KDDIで購入した直近の機種を12ヶ月以上利用しており、かつキャンペーン対象機種へ機種変更すること
  2. データMAX 5G/データMAX 5G Netflixパック/データMAX 5G ALL STARパックのいずれかに新たに加入、またはすでに加入済みであること。

上記2点の条件を両方満たすことで、機種代金から5,500円(税込)割引されます。

今回のキャンペーンは、あくまでauの既存ユーザーのみが対象であり、新規契約/MNP契約時には適用されませんので注意しましょう。

 

関連記事:「auの「5G夏トク機種変更キャンペーン」を活用してお得に最新スマホを購入する方法!

 

au Online Shop お得割

2020年4月1日より提供開始されているau Online Shop お得割は現在も継続中です。

au Online Shop お得割の特典内容は、新規契約(MNP含む)または機種変更(旧機種12ヶ月以上利用)で対象機種を購入すると、本体価格から最大22,000円(税込)割引されるキャンペーンです。

 

対象機種は現在発売中のiPhone・Androidスマホのほとんどが対象機種となっており、「2020年春夏モデル」やそれ以前に発売されたモデルの多くが対象となっています。

 

従来よりauオンラインショップは頭金不要で購入できる点において店頭より有利でしたが、au Online Shop お得割はそこからさらに最大22,000円(税込)割引で購入出来るため、他チャネルで購入するよりも有利なのは一目瞭然です。

これまでauオンラインショップを活用していた方は引き続き活用しつつ、オンライン購入した経験が無い方は、今回を機に、オンライン購入の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

ただ、このような割引キャンペーン提供時は人気機種の在庫が枯渇しやすい点に注意が必要です。

auスマホの購入を検討している方は、希望機種の在庫を早めにauオンラインショップでご確認ください。

関連記事:「au Online Shop お得割で新機種が最大22,000円(税込)割引!

 

【応募は9月4日まで】ZTE a1購入 キャンペーン

ZTE a1 購入キャンペーンは、対象のZTE a1を発売日の2020年8月5日〜8月23日までに購入した後、2020年9月4日までにキャンペーン応募サイトにて申請すると、対象者全員にau PAY残高を10,000円相当キャッシュバックするキャンペーンです。

ZTE a1は、auオンラインショップで税込59,980円 (かえトクプログラム適用時36,340円〜)で販売されており、さらにZTE a1 購入キャンペーンで10,000円相当還元を受けることができれば、実質50,000円以下で5Gスマホが購入できるようになります。

購入予定の方は、購入期日と応募期日に注意して確実に活用していきましょう。

ZTE a1 購入キャンペーン応募サイトはこちら

関連記事:「auの5Gスマホ「ZTE a1(ZTG01)」は安いだけが魅力じゃない!

 

auの5Gスマホおすすめ機種ランキング

1位:Galaxy S20シリーズ

auの5Gスマホで一番おすすめなのが「Galaxy S20シリーズ」の3モデルです。

Galaxy S20シリーズは、サムスン電子のフラグシップモデルとして2020年2月12日(日本時間)に発表され、グローバルモデルではGalaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3モデルが発表されました。

auは当初、Galaxy S20 5G、Galaxy S20+ 5Gの2機種のみ採用していましたが、世界中で高い評価を得ていたためか、後からGalaxy S20 Ultra 5Gも追加で採用され、結局3機種とも発売されることとなりました。

 

Galaxy S20シリーズでは、ディスプレイを邪魔する画面ノッチがなく、インカメラもパンチホールデザインなので、画面占有率が大きいのが特徴です。

あらゆるコンテンツの没入感を高めてくれます。

いずれのカメラも8K動画撮影に対応しており、撮影した動画から約3,300万画素の静止画を抽出し、写真として保存することも可能です。

なお、Galaxy S20 Ultra 5Gに関しては最大1億800万画素の超高画質カメラを搭載しており、目を見張るような撮影体験が可能です。

 

毎シーズン最高峰の驚異的なスペックを有するモンスターマシンですが、今回のGalaxy S20シリーズでは、全てで最高スペックのQualcomm Snapdragon 865(SDM865)を搭載し、良い意味で期待通りのスペックを備えて登場です。

関連記事:「auのGalaxy S20 5G/Galaxy S20+ 5Gの魅力を徹底解説!

 

2位:OPPO Find X2 Pro

au5GスマホのNo.2は、「OPPO Find X2 Pro」です。

OPPOの5G対応スマホと言えば、一足先にソフトバンクから「OPPO Reno3」の取り扱いが発表されて話題を集めていましたが、auからはフラグシップモデルの「OPPO Find X2 Pro」が登場しました。

 

見た目のデザインは、Galaxy S20と同じくノッチがないベゼルレスデザインで、インカメラも前面左上のパンチホールデザインとなっており、画面占有率が圧倒的に広いのが特徴です。

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzを実現しており、画面をスクロールしてもより滑らかでクリアな描画を楽しめます。

また、タッチサンプルレートは最大240Hzを搭載し、ディスプレイをタッチしてから実際に反応するまでの僅かなタイムラグを無くしています。

一瞬の反応で勝敗を分けるゲームをプレイするユーザーにとって大きな価値をもたらす仕上がりです。

 

さらに、モーション補正技術によって30fps以下の映像素材でも60fpsや120fpsまで補正し、動画を最適化します。

再生時のカクつきや残像を最小限に抑え、高精細で滑らかな映像を楽しめるのはありがたい点です。(本機能は、YouTube/Netflix/Amazon Primeビデオに対応)

 

また、ハイエンドモデルと呼ぶに相応しいQualcomm®Snapdragon™865を搭載し、さらにRAM12GB/ROM 512GBを実装しているので、高負荷がかかる大容量コンテンツもストレスなく扱うことが出来ます。

関連記事:「auのOPPO Find X2 Pro(OPG01)は知れば知るほど欲しくなる魅力的なスマホ!

 

3位:Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)

No.3は「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」です。

「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」は、前モデルの「Xperia 1」の特徴を継承しつつさらにブラッシュアップした、ソニーのXperiaシリーズ史上初「5G対応モデル」です。

 

性能はXperia 1と同様フラグシップモデルと呼んでも問題ないスペックで、特にカメラのソフトウェア技術の向上により、秒間20コマ連写撮影や秒間60回のオートフォーカスと自動補正機能に優れています。

また、Xperia 1 IIの新機能「Photography(フォトグラフィ) Pro」や「Cinematography(シネマトグラフィ)Pro」の機能を活用して、プロカメラマンのようにユーザー自身で露光や色味を自由に調節して撮影できる面白さがあります。

動きの速い被写体を撮影したい・カメラの仕上がりにこだわりたいユーザーにぜひおすすめのモデルです。

関連記事:「auのXperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)SOG01はシリーズ初の5G対応スマホとして登場!

 

4位:AQUOS R5G

No.4は「AQUOS R5G」です。

これまでにauでは、AQUOS Rシリーズ/AQUOS zeroシリーズ/AQUOS senseシリーズを毎シーズン提供し続けており、今回の「AQUOS R5G」も順当に発売されることとなりました。

AQUOS R5Gは8Kワイドカメラを搭載し、広範囲の撮影でも細部まで鮮明に記録します。また、10億色の表現力を持つ約6.5インチのPro IGZO 液晶ディスプレイが、肌の質感や青空のグラデーションなども忠実に再現してくれるのが特徴的です。

AQUOS R5Gは、ドコモ・ソフトバンクでも発売されることが決まっており、結果的には大手3キャリアから同時発売されることとなります。

関連記事:「auのAQUOS R5G SHG01の魅力を徹底解説!

 

auの4Gスマホおすすめ機種ランキング

1位:iPhone SE(第2世代)

auの4GスマホでおすすめNo.1は「iPhone SE(第2世代)」です。

iPhone SE(第2世代)は、前作のiPhone SE(第1世代)のコンセプトを継承しながらも、見た目はiPhone 8そのものですが、パフォーマンスにおいてはiPhone 11や11 Proと同等の「A13 Bionicチップ」を搭載し、あらゆるゲームアプリ遊びつくしても、動作がグラつくことは一切ありません。

さらに、価格は64GBで55,270円(かえトクプログラム適用時:28,750円〜)と据え置きのコスパ最強iPhoneです。

 

昨今、マスクを装着したまま外出する機会がほとんどですが、外出先でもTouch IDによる指紋認証で画面ロック解除、キャッシュレス決済の認証などが使えるのもありがたいポイントです。

関連記事:「私がiPhone SE(第2世代)を2ヶ月使ってみて良かった点と不便な点をレビュー!

 

2位:Xperia 10 Ⅱ

第2位は「Xperia 10 Ⅱ(エクスペリア テン マークツー)」です。

ミドルスペックモデルでありながら、バランスの取れたカメラ性能とパフォーマンス性能を備えており、SNSや動画アプリはもちろん、有名なゲームアプリも難なく楽しむことができます。

なお、画面比率21:9のワイドな有機ELディスプレイで2つのアプリを同時に起動することができるため、ショッピングサイトを見比べたり、ニュースを見ながら気になるワードを検索したりすることができます。

アウトカメラは超広角、標準、望遠の3眼レンズを搭載し、あらゆるシーンも好きな画角でカメラに収めることがかんたんにできます。

それでいながら、税込本体価格49,990円(auオンラインショップ価格)というから驚きです。

Xperia 10 Ⅱ(エクスペリア テン マークツー)は、性能と価格のバランスが優れた1台です。

関連記事:「auのXperia 10 II(エクスペリア テン マークツー) の特徴と魅力を解説!

 

3位:AQUOS sense3 basic

No.3は「AQUOS sense3 basic」です。

AQUOS senseシリーズは、以前より通話やSNSやネット利用などミドルスペックスマホとして非常に幅広い世代から支持されています。

auのAQUOS sense3 basicは、税込本体価格22,000円(auオンラインショップ価格)という破格の値段でありながら、性能バランスが優れた端末です。

これからはじめてスマホを使う予定の方、すでにAQUOS senseシリーズを使っている方、とにかく安い機種を求めている方へ、ぜひおススメしたいスマホです。

 

AQUOS sense3 basicの最大の特徴は電池容量4,000mAhを内臓する超長持ちバッテリー省エネIGZOディスプレイを組み合わせることで実現した驚異の電池持ちです。

さらに、急速充電を繰り返しても、電池への負担が少ない「インテリジェントチャージ」を採用しているので、バッテリーの寿命も長く持たせることができます。

 

また、撮りたいものにカメラを向けるだけで、撮影シーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトしてくれます。

しかも、被写体の動きに合わせて最適なシャッタースピードを決定してくれるため、ブレにくいキレイな写真をかんたんに残せます。

 

防水/防塵/耐衝撃性能を備えており、IGZO液晶がノイズを軽減してくれるため、濡れた手でディスプレイを触っても快適に操作できるという点もありがたいところです。

関連記事:「auのAQUOS sense3 basic(アクオス センススリー ベーシック)は前作AQUOS sense3と何が違うのか?

 

4位:AQUOS zero2

続いてNo.4は「AQUOS zero2」です。

AQUOS zero2は、超軽量化ボディと秒間240回表示の驚愕の滑らかさを表現したディスプレイがズバ抜けて優れているスマホです。

内部構造にマグネシウム合金をフレームを採用したことで、強度を保ちながら軽量化しつつも、基盤は25%小型化に成功しています。

その結果、前AQUOS zeroでは143gで6.2インチだった本体サイズが、AQUOS zero2では143gで6.4インチへ大きく進化しています。

また、タッチパネルの認識も一般的なスマホと比較し4倍速で認識する上、CPUはSnapdragon 855のオクタコア、AQUOS史上最高のモンスタースペックマシンです。

 

関連記事:「auのAQUOS zero2 SHV47は4倍速ディスプレイと軽量ボディだから勝負に勝てるスマホ!

 

5位:iPhone 11

続いてNo.5はiPhone 11です。

iPhone 11のカラーは6色展開で、前作から新たにグリーンとパープルが新色追加しました。

デュアルカメラレンズを搭載し、4Kビデオ、美しいポートレート、壮大な風景などを撮影できます。

6.1インチのLiquid Retinaディスプレイ(液晶ディスプレイ)は鮮やかで、自然体の色彩表現が特徴です。

昨今、主流となりつつある有機ELディスプレイよりも、iPhone 11の液晶ディスプレイの方が長時間画面を見ていても疲れにくい点は心地良いです。

 

関連記事:「auでiPhoneをお得に機種変更する方法・キャンペーン割引まとめ

 

auおすすめスマホの購入はauオンラインショップの活用を忘れてはいけない

ここまでauのおすすめスマホをランキング形式でご紹介してきましたが、オトクに機種変更するにはauオンラインショップの活用を忘れてはいけません。

 

auオンラインショップは頭金不要ですから 販売価格が店頭よりも安く、さらにWeb手続きで完結できるのでショップの待ち時間や手続き時間なく購入できるのが魅力です。

auのスマホへ機種変更する際は、頭金不要で24時間いつでも手続きできる点において圧倒的に有利な、auオンラインショップを確実に活用しましょう。→auオンラインショップへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です