au2020年春夏モデル

auのAQUOS sense3 basic(アクオス センススリー ベーシック)は前作AQUOS sense3と何が違うのか?

auのAQUOS sense3 basic(アクオス センススリー ベーシック)は、前作のAQUOS sense3の良い部分を継承したマイナーチェンジモデルとして2020年6月19日に発売されました。

AQUOS sense3 basicは、長時間利用しても電池の減りを気にする必要がないほど容量が大きいバッテリー(4,000mAh)を搭載しており、さらに、本体価格は税込22,000円(参考:auオンラインショップ)という破格の安さが最大の魅力です。

何の迷いもなく、今シーズンのコスパ最高スマホと言えます。

 

本記事では、AQUOS sense3 basicは前作のAQUOS sense3からどのような点が変わったのか?前作から継承している性能の特徴や魅力は何か?という点について解説します!

関連記事:「【2020年最新版】auの機種変更おすすめスマホランキング!

デザインや見た目の違いを比較

AQUOS sense3 basicは、前作AQUOS sense3のマイナーチェンジ版(廉価品)として2020年6月19日にauより発売されました。

 

AQUOS sense3 basicの本体デザインや見た目は、前作AQUOS sense3と比べて、

  1. カラーバリエーションが1色少なくなった
  2. 前面のベゼル(ディスプレイとサイドケースの間のフチ)が全色黒に統一された
  3. 指紋認証パーツが排除された
  4. 広角カメラが排除されて標準カメラ1眼へ変わった
  5. おさいふケータイが排除されたためマークがなくなった

という5つの点が変わりました。

 

ここから、画像で比較していきます。

 

 

前作と比べて、AQUOS sense3 basicではピンクカラーを除いた3色を継承し、シルバーカラーのベゼル(ディスプレイのフチ)が黒色に変わりました。

個人的には、白色よりも黒色ベゼルの方がコンテンツの没入感を高めてくれるため、この変更は好印象です。

 

また、拡大して比較してみると、

 

 

前作の端末下部にあった指紋センサーが、AQUOS sense3 basicでは排除されています。

 

そして、背面デザインを比較してみると、

 

 

前作のアウトカメラは2つのレンズの間におさいふケータイの認証マークがあったのに対し、AQUOS sense3 basicではアウトカメラは1つのレンズになり、おさいふケータイの認証マークも排除されています。

 

このように、AQUOS sense3 basicの基本的な構造は前作と変わらないものの、デザインや仕様がわずかに変更されています。

 

スペックの違いを比較

ここから、前作AQUOS sense3からAQUOS sense3 basicは、どのような点が変更されたのか?という点について変更された点だけを表にまとめます。

 

AQUOS sense3 basic AQUOS sense3
発売日 2020年6月19日 2019年11月2日
本体価格(参考:auオンラインショップ価格) 22,000円(税込) 27,600円(税込)
カラー ライトカッパー/シルバー/ブラック(3色) ソフトピンク/ライトカッパー/シルバーホワイト/ブラック(4色)
RAM 3GB 4GB
ROM 32GB 64GB
生体認証 顔認証のみ 指紋/顔
アウトカメラ 1,200万画素(1眼) 1,200万画素/1,200万画素(2眼)
おさいふケータイ 非対応 対応

上記の表のとおり、AQUOS sense3 basicは前作よりも、いくつかの点でスペックダウンしていますが、その分本体価格が安くなっていますので、性能と価格のバランスの取れたスマホと言えそうです。

ちなみに、表に記載していない他のスペックは、前作から何も変わっていません。

 

AQUOS sense3 basicが前作から継承している魅力

AQUOS sense3 basicは、前作のAQUOS sense3と比べていくつか性能が縮小されています。とは言え、AQUOS senseシリーズ特有の魅力のほとんどを継承しています。

ここから、AQUOS sense3 basicが前作から継承している特徴や魅力について解説します。

省エネIGZOと大容量4,000mAhバッテリー

AQUOS sense3 basic最大の魅力は「圧倒的なバッテリー性能」です。

AQUOS sense3 basicは、AQUOSスマホ史上最大となる、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、長時間安心して使い続けることができます。

さらに、シャープ独自の「省エネIGZOディスプレイ」によって、LEDバックライトの消費電力を抑えるとともに、画面の書き換えを制御することで静止画表示の消費電力を低減してくれます。

これらの「大容量バッテリー」と「省エネIGZOディスプレイ」の相乗効果で、実使用時間を長く保つことができます。

 

約5.5インチのフルHD+ IGZOディスプレイ

AQUOS sense3 basicに搭載されたIGZOディスプレイは、利用シーンに合わせて表現を最適化するパネルです。

IGZOディスプレイは、高精細かつ明るいので写真や動画はもちろん、WebサイトやSNSなどの細かな表示もくっきり映し出します。さらに、リッチカラーテクノロジーモバイルという技術により、映像を実物に近い色味で鮮やかに美しく表現します。

 

なお、バーチャルHDRで標準画質の動画コンテンツや自分で撮影した動画も、HDR画質のように表現豊かに再生できます。

 

また、屋外の視認性(アウトドアビュー)が非常に良く、周囲の明るさに合わせてコントラストやバックライトの輝度を自動調整し、屋外でも画面が見やすくなったり、就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑えた画質へ移行する「リラックスオート」に対応しています。

このように、あらゆる生活シーンでも快適に利用できるのが、IGZOディスプレイの魅力です。

 

防水/防塵に加えて、耐衝撃(落下)など19項目のMIL規格をクリア

AQUOS sense3 basicは、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)に対応しており、水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルで、画面に水滴がついてもスムーズに操作することができます。

さらに、耐衝撃(落下)など19項目のMIL規格(MIL-STD-810H)をクリアしており、高温や低温、湿気の多い環境での使用や、不意の落下による衝撃からも本体を守ってくれます。

 

カメラのAIオート機能と手振れ補正

AQUOS sense3 basicのカメラは、前作と比べて広角カメラがなくなったとは言え、前作同様AIオート機能、手ブレ補正、シーンを認識したHDR撮影などの特徴はそのまま継承しています。

AIが被写体やシーンを9パターンから自動検知し、ぴったりのモードでベストショットが残せる上、シーンに応じてHDR撮影に切り替わるので、黒つぶれ・白飛びを抑えた写真が手軽にきれいに撮れます。

 

さらに、撮影者の手ブレを補正する「電子式手ブレ補正機能」と合わせて、被写体のブレを抑える新画質エンジン「ProPix2」を搭載しているので、撮影者と被写体双方のブレを補正した美しい写真を、かんたんに撮影できます。

 

圧倒的な価格の安さ

シャープのAQUOS senseシリーズは、圧倒的な価格の安さも魅力の一つです。

一般的なハイエンドスマホの価格は10万円前後が相場ですが、AQUOS sense3 basicは3万円を下回る価格で販売されています。

他メーカーのスマホでも、ここまで安くて性能バランスが良いスマホは、なかなか世の中に出てきません。

今回確認してきた性能や特徴の「価値」が、「圧倒的な低価格」で手に入れられるのはAQUOS sense3 basicの大きな強みです。

 

AQUOS sense3 basicのスペックまとめ

それでは、auのAQUOS sense3 basic(SHV48)のスペックについてまとめます。

製品名 AQUOS sense3 basic(アクオス センススリー ベーシック)
型番 SHV48(エスエイチブイヨンハチ)
発売日 2020年6月19日
価格 22,000円(税込み) auオンラインショップ価格
かえトクプログラム適用時の価格 17,710円(税込み)~ AQUOS sense3 basicを購入後13ヵ月目~25ヵ月目までに新たな機種に買い替えし、使い終わったAQUOS sense3 basicをauが回収した場合の価格。分割支払金の最終回分最大4,290円が支払い不要
カラー ライトカッパー・シルバー・ブラック 3色
OS
Android™ 9 Pie
サイズ
約147mm × 約70mm × 約8.9mm
重量
約167g
ディスプレイ
約5.5インチ IGZOディスプレイ(フルHD+ (1,080 × 2,160)
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
メモリ RAM 3GB、ROM 32GB、外部ストレージ最大512GB対応(microSDXC)
通信規格 4G LTE/WiMAX 2+ ※5G非対応
最大通信速度
受信最大/送信最大(Mbps)
279Mbps/75Mbps
アウトカメラ 有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型、F値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]、電子式手ブレ補正(静止画のみ)
インカメラ 有効画素数約800万画素 CMOS 裏面照射型、F値 2.2[広角86°焦点距離23mm相当(35mmフィルム換算値)]
Wi-Fi規格 IIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth
ver.5.0
バッテリー容量 4000mAh
防水/防塵 IPX5/IPX8()/ IP6X
耐衝撃 19項目のMIL規格(MIL-STD-810H)をクリア
生体認証 顔認証
フルセグ/ワンセグ 非対応
おさいふケータイ 非対応
USBタイプ USB Type-C

 

上記の通り、やはり前作のAQUOS sense3よりも性能が下がっていながらも、その分本体価格も据え置きです。

AQUOS sense3 basicは、大容量バッテリー、IGZOディスプレイ、使い勝手の良いカメラ機能など、重要ポイントをうまく前作から継承しており、なおかつ低価格帯を維持していることを考えれば、十分満足できる製品だと思います。

これからはじめてスマホを使う方、すでにAQUOS senseシリーズを利用している方、とにかく安いスマホが欲しいけどある程度のスペックを求めたい方など、AQUOS sense3 basicはあらゆるユーザーの期待にしっかり応える1台です。

 

最後に、AQUOS sense3 basicを購入する場合はauオンラインショップを必ず利用しましょう。

なぜなら、auオンラインショップは全機種頭金不要で販売されているため、店頭より安く購入できる可能性が高く、さらに24時間好きな時間にどこからでも購入できるからです。

auオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です