au2021年春夏モデル

au新機種2021年春夏モデル/発売日・価格・特徴まとめ

auの2021年春夏モデルは、現時点で4メーカー(SHARP・サムスン・京セラ・OPPO)から合計8機種(限定モデル含め)発売されることが決まっています。

これらの新機種に共通している点は、全て5Gスマホであること。

加えて、購入しやすい「エントリーモデル」と高価格帯の「フラグシップモデル」に2分化しています。

本記事ではau2021年春夏モデルの発売日価格機種別の特徴をまとめてご紹介します。

auの最新キャンペーン・割引特典まとめ



au新機種2021年春夏モデルの発売日と価格

まずは、au2021年春夏モデルの発売日販売価格(税込)をまとめます。

モデル 発売日 auオンライン価格
(税込)
AQUOS sense5G 2021年2月10日 39,890円
Galaxy A32 5G 2021年2月25日 31,190円
TORQUE 5G 2021年3月26日 88,885円 
Galaxy S21 5G 2021年4月22日 118,540円
Galaxy S21+ 5G 2021年4月22日 138,730円
TORQUE 5G
Coleman LIMITED

2021年4月下旬以降 88,885円?
OPPO A54 5G 2021年5月下旬以降 未定
OPPO Find X3 Pro 2021年6月下旬以降  未定

2021年春夏モデルは、発表会などで一気に公開されているわけではなく、こまめに新機種が追加発表されている途中です。

今年の傾向としては、「コスパが良いエントリーモデルの拡充」と「ハイスペックモデルをもっとお得に購入できる価格帯へ」といったところでしょうか。

 

AQUOS sense5G(SHG03)

au2021年春夏モデルとして、いち早く登場したのがシャープのAQUOS sense5Gです。

発売日は2021年2月10日

実は2020年9月の秋冬モデル発表会で、すでにAQUOS sense5Gの発売は決まっていました。発売日からみるに「2021年春モデル」と位置付けられるため本記事でもご紹介します。

AQUOS sense5G(SHG03)の特徴は以下のとおりです。

特徴
  • AQUOS senseシリーズとして初めて5Gに対応
  • 4,570mAhの大容量バッテリー約5.8インチIGZO液晶ディスプレイの省エネ性能により、およそ1週間の電池持ちを実現
  • Googleの最新OS Android 11に対応。
  • 高性能CPU Snapdragon 690 5GUFSストレージ(2.1)を搭載し、CPU性能とストレージ読み込み速度がAQUOS sense3より2.4倍向上
  • 最大1200万画素の3眼カメラを搭載し、AIがシーンや被写体に応じて最適な撮影モードを自動で選択
  • 望遠カメラが新たに追加
  • テザリングオート動画視聴時に画面を上下2段に分割表示する機能など、5Gの高速・大容量通信を活かす新機能を搭載
  • 指紋センサーを数秒押し続けることで決済アプリを起動できるPayトリガーを搭載
  • スクロールオート」「ClipNow」「かんたんモード」など、使い勝手の良い独自操作機能も充実
  • 防水・防塵、おさいふケータイ、指紋認証・顔認証などの基本機能もすべて継承

AQUOS senseシリーズといえば手頃な価格帯」「充実した機能が魅力ですが、今回のAQUOS sense5Gではこれらに加えて「レスポンス」「電池持ち」「使いやすさ」の3点に磨きをかけています。

価格は税込39,890円(auオンライン価格)、国内メーカーでコスパ最強の5Gスマホです。

関連記事:「auのAQUOS sense5G(アクオスセンス5G)SHG03の特徴や魅力まとめ!

 

Galaxy A32 5G(SCG08)

手頃な価格で買いやすいエントリーモデル「Galaxy A32 5G」は、2021年2月25日より発売です。

Galaxy A32 5Gの特徴をまとめます。

特徴
  • au限定販売
  • 5G対応のエントリーモデル
  • 5,000mAhの大容量バッテリー内臓
  • 15Wの急速充電に対応
  • 6.5インチHD+ディスプレイ
  • 最大4800万画素対応の4眼アウトカメラ
  • 最大1300万画素対応の高画質インカメラ
  • Googleの最新OS Android 11に対応。
  • CPUにMediaTek Dimensity 720搭載!軽いゲームなら快適プレイ可能
  • メモリはRAM4GB・ROM64GB搭載
  • 外部ストレージ(micro SDXC)最大1TBまで対応
  • カラーはオーサムホワイト、オーサムブルー、オーサムブラック3色
  • 防水・防塵・おさいふケータイ対応
  • 指紋&顔認証対応

ざっと特徴を見る限り、画面解像度が低い点が少し気になります。

しかし、「5000mAhの大容量バッテリー」や「最大4800万画素のアウトカメラ」は目を見張るものがあります。

同月発売の「AQUOS sense5G(アクオスセンス5G)」と比較しても、Galaxy A32 5Gのほうが本体価格が安く画面解像度以外の性能面では同等、またはそれ以上のスペックを誇ります。

なお、販売価格は税込31,190(auオンライン価格)です。

手頃な価格のスマホで5G移行したいというユーザーに、おすすめの1台です。

関連記事:「auのGalaxy A32 5G(ギャラクシーA32 5G)SCG08の特徴や魅力を解説!

 

TORQUE 5G(KYG01)

京セラの高耐久5Gスマホ「TORQUE 5G(トルク5G)」は、2021年3月26日発売です。

TORQUE 5Gの特徴は以下の通りです。

特徴
  • トルクシリーズ初の5G対応モデル
  • 米軍仕様の耐久規格21項目(MIL規格)+京セラ独自試験7項目合計28項目の試験をクリアした高耐久性能
  • あらゆる衝撃や破損リスクを低減するための工夫が施されたボディデザイン
  • カラーバリエーションは、イエロー・レッド・ブラック3色
  • 期間限定でTORQUE (R) 5G Coleman LIMITEDカモフラレッド“も提供
  • アウトカメラに約2,400万画素のメインカメラ+約1,600万画素のワイドカメラ(超広角)を搭載
  • インカメラは約800万画素
  • トルクシリーズ初のカメラ機能として「ナイトモード」「パノラマモード」「マルチカメラ」「風切り音低減」などを搭載
  • 4,000mAhの大容量バッテリーは着脱可能
  • Snapdragon™ 765搭載
  • メモリ(RAM)6GB、内部ストレージ(ROM)128GB、外部メモリは最大1TBのmicroSDXCに対応
  • 指紋認証・顔認証に対応

TORQUE 5G最大の魅力は、なんといっても高耐久性ボディです。

例えば、落下面にサンドペーパーを敷いた鋼板に高さ約2.0mから26方向で落下させる試験をクリアしていたり、水深2mの海水(日本沿岸部を想定した海水)で60分間使用しても問題なかったり、端末が汚れても泡ハンドソープでの洗浄や、アルコール除菌シートでの拭き取りも大丈夫だそうです。

アウトドアを愛する方々過酷な環境で職務を全うする仕事人にとって、TORQUE 5G(トルク 5G)は最高のパートナーと言えます。

関連記事:「auのTORQUE 5G(トルク5G)KYG01/耐久性・スペックまとめ

 

Galaxy S21 5G(SCG09)/Galaxy S21+ 5G(SCG10)

サムスンのフラグシップモデル「Galaxy S21 5Gシリーズ」は、2021年4月22日発売です。

以下、Galaxy S21 5G/Galaxy S21+ 5Gの特徴をまとめます。

特徴
  • 5G対応のフラグシップモデル
  • Galaxy S21 5G/Galaxy S21+ 5Gに大きな性能差なし
  • ディスプレイ解像度は2400 × 1080(Full HD+)有機ELディスプレイ
  • ディスプレイリフレッシュレートは48〜120Hz(自動調節)
  • チップセットはQualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile Platform搭載
  • メモリはROM 256GB/RAM 8GB搭載
  • 外部ストレージ(micro SD)非対応
  • アウトカメラは約1,200万画素(超広角)/約1,200万画素(広角)/約6,400万画素(望遠)3眼カメラ搭載
  • カメラ機能の「ポートレート撮影」と「シングルテイク」が格段に進化し、「ディレクタービュー」が画期的
  • インカメラは約1,000万画素
  • Sペン非対応
  • 指紋認証・顔認証対応

ざっと特徴を見る限り申し分ないスペックです。さすがはGalaxy。

あえて言うなら「外部ストレージ非対応」「Sペン非対応」という点に少し注意ですが、その他の性能は前作の良い部分を継承しつつ、不要な部分を削ぎ落とした洗練された仕上がりとなっています。

関連記事:「auのGalaxy S21 5GとGalaxy S21+ 5Gの特徴・魅力・キャンペーンまとめ!

 

OPPO A54 5G(OPG02)

OPPO(オウガ・ジャパン株式会社)の「OPPO A54 5G」は、2021年5月下旬以降発売予定です。

以下、OPPO A54 5Gの特徴をまとめます。

特徴
  • au限定発売
  • 5G対応のエントリーモデル
  • バッテリー容量5000mAh
  • 急速充電18W対応
  • 6.5インチの大画面ディスプレイ
  • 画面解像度FHD+(1080×2280)
  • リフレッシュレート最大90Hz対応
    動画とゲーム利用時は60Hz
  • タッチサンプリングレート180Hz
  • アウトカメラは最大4800万画素メインカメラ搭載の4眼レンズ
  • インカメラは約1600万画素
  • 独自OS「ColorOS 11 (Android™ 11ベース)」搭載
  • チップセットはSnapdragon 480 5G(8コア)搭載
  • メモリはRAM 4GB/ROM 64GB搭載
  • 外部メモリ最大256GBのmicroSDXC™対応
  • カラーはファンタスティックパープル、シルバーブラック2色
  • 防水/防塵/おさいふケータイ非対応
  • 指紋認証&顔認証対応

注意点としては防水/防塵/おさいふケータイに非対応というところでしょうか。水回りでの使用は極力控えたいところです。

とは言え、「5000mAhの大容量バッテリー」や「最大4800万画素のアウトカメラ」という点は、良い意味でエントリーモデルらしからぬ仕上がりです。

本体サイズ・重量・通信速度・販売価格など、まだ不明確な点もありますので今後の続報に期待です。

関連記事:「auのOPPO A54 5G(オッポA54 5G)OPG02の特徴や魅力を解説!

 

OPPO Find X3 Pro(OPG03)

OPPO製フラグシップスマホ「OPPO Find X3 Pro(オッポ ファインド エックススリー プロ)」は2021年6月下旬以降発売予定です。

以下、OPPO Find X3 Proの特徴をまとめます。

特徴
  • au限定発売
  • 10億色を表現する6.7インチ有機ELディスプレイ搭載
  • カメラの撮影→保存→表示に至るまで10億色で再現する
  • アウトカメラは5,000万画素のウルトラワイドレンズ(超広角)+5,000万画素のワイドレンズ(広角)+300万画素のマクロレンズ(接写)+1,300万画素の望遠レンズの合計4眼構成
  • 最大倍率60倍のマクロレンズはまるで顕微鏡
  • チップセットにSnapdragon 888 5G Mobile Platform搭載
  • RAM 12GB(LPDDR5)、ROM 256GB(UFS 3.1)を搭載
  • 外部メモリ(SDカード)非対応
  • 4500mAhの大容量バッテリー搭載
  • 65W SuperVOOCフラッシュチャージ」を使うと、わずか10分で40%まで充電可能
  • 着信音と通知音は映画音楽界の巨匠 ハンス・ジマー氏作曲

今回のOPPO Find X3 Proは10億色の有機ELディスプレイを搭載し、さらに、この優れたディスプレイを活かしてカメラの撮影→保存→表示に至るまで10億色で再現するという革新的な技術を搭載しています。

【目の前に見える世界をありのまま再現する】その言葉通り、これまでのスマホカメラの概念を根底から覆すような全く新しいカメラ体験を提供してくれます。

また、チップセットには現時点で最高クラスのSnapdragon 888メモリ(RAM)は12GBストレージ(ROM)は256GB、さらに最大65Wの急速充電にも対応していることから、長く快適に愛用できる仕上がりです。

関連記事:「auの「OPPO Find X3 Pro(オッポ ファインド エックススリー プロ)」OPG03の魅力とは

 

auの新機種購入はauオンラインショップへ

ここまでauの2021年春夏モデルについて解説しましたが、いざ機種変更や新規契約をしよう!とする際はauオンラインショップの活用を忘れてはいけません。

auオンラインショップには、

  • “頭金不要”なので販売価格が店頭よりも安い可能性が高い
  • 2500円(税抜)以上の商品なら送料無料
  • Web完結手続きなのでショップの待ち時間/手続き時間が必要ない
  • Pontaポイントが貯まる&使える
  • au公式の安心感

このようなメリットがあります。

これまでオンラインショップで購入したことが無いという方も、この機会にオンライン手続きの練習を兼ねてトライしてみてください。

ほんのわずかな手間さえクリアすれば、頭金相当分、ほぼ確実に安くなります。

「少しでもお得に新機種を買いたい!」という方は、利用しない手はありません。

関連記事:「auオンラインショップで手続きする際の注意点、不明点、疑問点を解消する



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です