au2019年秋冬-2020年春モデル

auのGalaxy Note10+は2019年秋冬モデルで最高峰のモンスタースマホ!

ついにauからGalaxy Note10+(SCV45)が2019年10月18日(金)に発売されました。

Galaxy Noteシリーズは、毎年その年を象徴する最高のスペックを備えたモンスターマシンとして登場しています。

今年もその期待に応える仕上がりで、au2019秋冬モデル最高峰のスペックです。

 

さぁ、それでは早速Galaxy Note10+の魅力や購入キャンペーンを徹底的に確認していきましょう。

関連記事:「auの2019年秋冬-2020年春モデルで新機種へ機種変更しよう!

メニュー
  1. au版Galaxy Note10+のカラーバリエーションは2色展開
  2. 本体全体を極限まで大画面で包むベゼルレスディスプレイ
  3. 充電時間30分で1日持つバッテリー性能
  4. もちろんワイヤレス充電も可能
  5. Galaxy Note10+本体だけでなくSペンも防水/防塵対応
  6. ノートパソコン並みに保存容量を気にせず使える
  7. 旧モデルから2倍進化したメモリは12GBを実装。さらに最高峰のCPUも搭載
  8. しかもゲームアプリに没頭できるゲームブースター&冷却システムが凄い
  9. ステレオスピーカーと付属のType-Cイヤホンは、Dolby Atmosに対応して最高のサウンド体験を可能にする
  10. カメラは最高品質。超広角撮影が可能になり、背景をぼかしたポートレート動画撮影にも対応
  11. Sペンのエアアクション機能でリモコン変わりに直感操作が可能
  12. Sペンのテキストエクスポートは便利だが正確性に欠ける?
  13. 万が一Sペンを紛失したらauオンラインショップが駆け込み寺
  14. 生体認証は指紋/顔認証どちらも対応
  15. ブルーライトカットディスプレイで目に優しい
  16. 前モデルGalaxy Note9から何が進化したのか?スペック比較まとめ
  17. Galaxy Note10+の同梱品と別売り品の違い
  18. auのGalaxy Note10+(SCV45)は5G非対応
  19. Galaxy Note10+早期購入特典でGalaxy Budsが必ずもらえる&YouTube Premiumも4ヵ月無料で利用できる

au版Galaxy Note10+のカラーバリエーションは2色展開

auで発売するGalaxy Note10+のカラーバリエーションは「オーラグロー」と「オーラブラック」の2色です。付属しているSペンのカラーも異なり、オーラグローが青色のSペン、オーラブラックは黒色のSペンが付属します。

ちなみに、同日に販売されるドコモ版Galaxy Note10+は、「オーラホワイト」と「オーラブラック」の2色展開です。付属しているSペンはオーラホワイトは白色のSペン、オーラブラックは黒色のSペンです。

つまり、オーラグローと付属の青色Sペンはキャリア版ではauでしか購入できない限定カラーです。

 

本体全体を極限まで大画面で包むベゼルレスディスプレイ

ベゼルとは、液晶ディスプレイの黒いフチの部分の事を指します。例えば、スマホやテレビやPCなどにも画面のフチに必ず黒い部分がありますよね。液晶ディスプレイの構造上、パネルを保護するためにどうしても生じる部分です。

Galaxy Note10+ではベゼルを極限まで本体の端まで狭めることで、大画面化しました。

ちなみに昨年モデルのGalaxy Note9は横幅76×縦幅162×厚み8.8mmで画面サイズ6.4インチだったのに対し、Galaxy Note10+は横幅77×縦幅162×厚み7.9mmで画面サイズ6.8インチと薄型化したのに加えて大画面化するという信じられない進化を遂げています。

画面がより大きくなれば、様々なコンテンツを大きな画面でたくさんの情報量をとりこむことが出来ます。写真や動画やSNSやWebサイトも思いっきり楽しむことができますね。

 

充電時間30分で1日持つバッテリー性能

Galaxy Note10+では別売りの専用アダプタTRAVEL ADAPTERを利用すると、約60分でフル充電、約20分でおおよそ50%ほど充電が可能です。

Super Fast Charge対応で、驚くほど高速な充電に対応しています。

例えば、夜寝る前に充電をし忘れた場合でも、翌朝すぐに充電をはじめて朝の支度を済ませているうちにフル充電が可能になるわけです。

充電速度はもちろん電力の利用状況や環境によって異なる場合がありますが、それにしても速すぎる充電能力です。

この高速充電器は本体と別売りなので、併せて購入を検討することをおススメします。

 

もちろんワイヤレス充電も可能

Galaxy Note10+はもちろんQi規格のワイレス充電に対応しています。また、ワイヤレスイヤホンのGalaxy Budsへおすそわけ充電にも対応しています。

この機能は災害などの緊急時でも活用できる為、非常に助かる機能です。

 

Galaxy Note10+本体だけでなくSペンも防水/防塵対応

Galaxy Note10+だけでなく、付属のSペンも防水/防塵性能を備えています。ちなみに防水性能はIPX5/8に対応。防塵性能はIP6Xに対応しています。

防水性能IPX5/8と防塵性能IP6Xの性能テストをする方法は以下の通りです。

規格 内容
防水性能IPX5 内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有すること。
防水性能IPX8 常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出した時に通信機器としての機能を有すること。
防塵機能IP6X 直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に製品を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に、内部に塵埃(じんあい)が侵入しない機能を有すること。

非常に劣悪な環境で耐久試験を行っていることがわかります。付属のSペンもGalaxy Note10+本体同様の耐久性を保っている為、非常にタフに使い込むことができそうです。

しかしながら、海水だと塩分が付着したり、お風呂だと結露して部品内部に水分が侵入する可能性が高いです。いくら防水・防塵性能だといえどこれらは耐性試験でテストされていません。水濡れによる故障の場合auでは自己責任となってしまい、後に下取りプログラムや修理の対象外となってしまう場合がある為、十分注意して利用しましょう。

 

ノートパソコン並みに保存容量を気にせず使える

Galaxy Note10+の優れた点のひとつが「保存容量の大きさ」です。本体内部ストレージは最大256GB搭載されています。また、SDカードによる外部ストレージは最大1TBまで対応しています。

ただし、本体の内部ストレージは本体に購入時からプリインストールされているアプリやシステム機能で幾分か消費されています。それを加味しても200GB以上も利用できるわけですから、思う存分コンテンツを楽しむことができます。

また、最大1TBのSDカードまで対応している為、超高画質のビデオ、動画、映像をガンガン取り込んでも余裕をもって楽しむことが出来ます。

もはや、ノートパソコンに匹敵するだけの十分すぎる性能を備えています。

 

旧モデルから2倍進化したメモリは12GBを実装。さらに最高峰のCPUも搭載

Galaxy Note10+のメモリ(RAM)は12GBが実装されます。2018年モデルのGalaxy Note9のメモリは6GBでしたから、比較すると2倍もメモリが増量されることになります。

さらにCPUはSnapdragon 855で2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4搭載です。申し分ないくらい最高の性能を備えています。

高画質の3DゲームやAR機能でガンガン利用したり、複数アプリを同時に利用しても全くラグがなく思う存分楽しむことができそうです。

 

しかもゲームアプリに没頭できるゲームブースター&冷却システムが凄い

Galaxy Note10+はメモリ12GBやSnapdragon 855に加えて、ゲームブースター冷却システムが非常に優れており、高画質のゲームに没頭することが出来ます。

ゲームブースター機能は、ゲームプレイ時に不要なアプリやバックグラウンドで機能するシステムをシャットダウンできる機能です。これにより、機能利用有無で約15%もバッテリーの寿命を向上させることが出来ます。

ゲームアプリを利用するユーザーにとって、バッテリーは生命線ですから、この機能は長くGalaxy Note10+を利用する上で欠かせません。

また、さらにスリムに設計されたベイパーランチャー冷却システムは、本体の過熱を抑えつつ、ラグを減らしてくれるのでさらに快適にゲームをプレイできるメリットがあります。

つまり、Galaxy Note10+は、最高峰のメモリとCPUでゲームアプリを楽しみつつも、本体の負荷を極限まで抑える機能を備えたハイスペックマシンなのです。

 

ステレオスピーカーと付属のType-Cイヤホンは、Dolby Atmosに対応して最高のサウンド体験を可能にする

Galaxy Note10+のステレオスピーカーはDolby Atmosに対応しており、クリアで豊かな3Dサウンド体験ができます。

また、同梱品のAKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-C)でもDolby Atmosに対応している為、非常にクリアな音質でYoutubeや音楽、ゲームコンテンツを楽しむことが出来ます。

 

カメラは最高品質。超広角撮影が可能になり、背景をぼかしたポートレート動画撮影にも対応

Galaxy Note10+は4つのアウトカメラ(超広角カメラ/広角カメラ/望遠カメラ/デプスビジョンカメラ)を搭載します。

これらのカメラはシーン判別機能でプロ並みの写真撮影を簡単にできるようになります。また、スーパー手ぶれ補正に優れている為、走りながらの動画撮影でもほとんどブレなく撮影ができます。さらに、オーディオズームという機能で被写体の音にフォーカスして集中して動画を撮影することが出来ます。

今回のGalaxy Note10+では、前モデルのGalaxy Note9にはなかった「超広角レンズ」を搭載しております。約1600万画素の撮影可能にする超広角レンズは、約123°の視野角で見えている景色のほとんどを写真におさめることができます。

さらに注目したいのは、複数のカメラレンズを活用した「ライブフォーカスビデオ」です。(以下写真イメージ)

ライブフォーカスビデオとは、背景をぼかして味のある動画を撮影できる機能です。他メーカーのスマホでは写真撮影時に背景をぼかす機能を搭載してきましたが、Galaxy Note10+では動画撮影時に背景をぼかす機能が新たに搭載されます。

例えば、大切な人へのメッセージムービーで感動してもらいたい時、子供の想い出を残しておきたい時、いろんなシーンで今までにない新しいGalaxyカメラの楽しみ方が広がりますね。

子供の幼稚園の発表会や成長記録、友人の結婚式に送るメッセージムービーなどで活用し、共有する人みんなに感動してもらえる動画が撮れるようになります。

この機能は私自身とても興味がありましたので、店頭でGalaxy Note10+の実機を操作してライブフォーカスビデオを試してみました。

しかしながら、焦点をあてた周りのフチ、つまり細かいディテールがぼやけてくっきりしない雑な印象がありました。本機能はまだまだ完成品とは呼べないかもしれません。

しかし、ライブフォーカスビデオ機能は他メーカーのスマホにはない面白い機能です。

 

Sペンのエアアクション機能でリモコン変わりに直感操作が可能

Sペンのエアアクション機能は、Sペン本体を回したり、上下左右に振ることでカメラのイン/アウトを切り替えたり、ギャラリーをスクロールしたり、音量調節ができる機能です。

Sペンにはモーションセンサーが搭載されている為、これらの直感的な操作が可能になっています。

超広角レンズで集合写真を撮ったりするとときや、Galaxy Note10+本体をスピーカー代わりにみんなで音楽を楽しむ時なんかに活用できる機能ですね。

 

Sペンのテキストエクスポートは便利だが正確性に欠ける?

Sペンのテキストエクスポート機能は、Sペンで手書きした文字を活字に自動変換してくれる機能です。書き留めた文字を、テキストデータに変換することでメッセージとして共有しやすく出来るメリットがあります。

また、メモした文字はPDF、txt、画像データ(jpg/png)へ変換も可能です。

しかしながら、テキストエクスポート機能で活字へ変換する際に正しい文字に読み取って変換されるかは疑問符です。

ユーザーの書き味や、書き方のクセが全て正確にテキストデータに変換されるとは限りません。一方、メモした内容を画像データとしてそのまま残しておく方がメモの活用術としては正確で利便性が高い気もします。

テキストエクスポート機能は利用用途や状況に応じて、上手に使い分けていきましょう。

 

万が一Sペンを紛失したらauオンラインショップが駆け込み寺

Galaxy Note10+に付属しているSペンは非常に細くて高性能なペンですが、小さくて分離できるデザインがゆえ、紛失するリスクもあります。

万が一紛失した場合はauオンラインショップで購入するようにしましょう。

現在、前モデルのGalaxy Note9は対応のSペンが税抜き2,700円で販売されています。Galaxy Note10+も同様にauオンラインショップで取扱いされると考えられます。

 

生体認証は指紋/顔認証どちらも対応

Galaxy Note10+の生体認証は、ディスプレイに指を乗せて認証する「指紋認証」と、「顔認証」どちらにも対応しています。

万が一、生体認証が利用できない状況でもPINコードやパスワードによる認証も可能です。

利用スタイルに合わせてセキュリティもしっかり活用しましょう。

 

ブルーライトカットディスプレイで目に優しい

Galaxy Note10+は、ブルーライトカットの基準が世界的に認められた製品です。この認証試験をテストしたテュフラインランドは、1872年に創設された世界各国の製品やサービスの検査機関です。

以下の通り、サムスン公式サイトでもブルーライトカットについて証明しています。

TUV Rheinlandは、世界的に認められた認証機関であり、Galaxy Note10+が、ブルーライトの有害な影響を大幅に低減する能力に基づいてEye Comfort認証を授与しました。この認証はwww.tuv.comでID 1419071436で確認可能です。

Galaxy Note10+はブルーライトカットの世界基準を満たしており、目に優しい設計です。

我々スマホユーザーは、1日に何時間も画面をみています。しかも毎日延々と繰り返されるわけですから、知らぬ間に眼精疲労、肩こり、疲労感に繋がってしまうわけです。ブルーライトカットされていれば、多少目の疲れは軽減されます。

しかしながら長時間画面を見続けるのは健康上良くはない為、適度に休憩を取りながらスマホは利用しないといけませんね。。

 

前モデルGalaxy Note9から何が進化したのか?スペック比較まとめ

ここから、Galaxy Note9とGalaxy Note10+のスペックの違いをまとめます。

※Galaxy Note9はau販売モデルのスペック。Note10/10+はグローバル版発表当初のスペックです。au2019年秋冬-2020年春モデルのGalaxy Note10+ではストレージ(ROM)256GBが採用されています。また、カラーはグレー/黒のみの採用です。予めご了承下さい。

スペックを比較して感じた事ですが、Glaxy Note9発売からたったの1年で、Galaxy Note10+は予想を遥かに超えた進化を遂げています。

スペック比較表で青字で記載している点が前モデルより性能が向上した点ですが、一目で数多くのスペックアップを実現していることがわかりますね。

また、auでは上位モデルのGalaxy Note10+が発売されるのは安心しました。

 

Galaxy Note10+の同梱品と別売り品の違い

auのGalaxy Note10+は、同梱されている付属品は試供品扱いで製品保証がありませんまた、専用の高速充電器など別売りの付属品もあるので、あらかじめ確認しておき、必要に応じてあわせて購入しましょう。

auのGlaxy Note10+に同梱している付属品は、AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-C)、Sペン(本体カラーによりSペンの色も異なる)、クリアケース、保護フィルム(本体添付済み)、USBケーブル(CtoC)、SIM取り出し用ピンです。

一方、Clear View Cover(専用カバー)、TRAVEL ADAPTER(充電アダプタ)は別売りです。

特にTRAVEL ADAPTERは、Galaxy Note+を約60分でフル充電可能な高速充電に対応しています。別売りですが、快適にGalaxy Note10+を利用していく場合、ぜひ併せて購入したいアイテムです。

 

auのGalaxy Note10+(SCV45)は5G非対応

Galaxy Note10+は、auが2020年春に予定している次世代通信方式5Gには非対応です。

グローバルモデルのGalaxy Note10+は5G対応製品としてリリースされていたため、au版モデルではどのような展開になるか注目していましたが残念ながら5G非対応でした。

auでは2020年春に5Gサービス提供開始を予定しており、同タイミングで5G対応スマホの販売が予定されています。

しかしながら、現段階で4G LTEでも最高峰のスペックを誇るスマホですから5G非対応でも十分にコンテンツを楽しめる仕上がりです。

※情報ソースはauサポートで私自身、直接確認をとっております。

 

Galaxy Note10+早期購入特典でGalaxy Budsが必ずもらえる&YouTube Premiumも4ヵ月無料で利用できる

Galaxy Budsがもらえる予約早期購入キャンペーンについて

auでGalaxy Note10+を発売開始日前日までに予約して購入すると、サムスンのGalaxy Buds(ホワイトカラー)が必ずもらえます。Galaxy Budsは通常14,000円程度で販売されおり、非常に高音質でワイヤレスでサウンドを楽しめるイヤホンです。

早期購入特典の条件は以下の通りです。

条件 条件①発売日前日までに予約/条件②2019年10月31日(木)までに購入すること/条件③2019年11月7日(木)までに専用WEBサイトでキャンペーンエントリー/条件①~③すべてを満たす事が条件
予約期間 予約開始日~発売日前日まで
購入期間 発売日~2019年10月31日(木)
応募期間 発売日~2019年11月7日(木)
商品発送時期 2019年11月下旬以降

早期購入特典の為、発売日前日の2019年10月17日(木)までに商品の予約を実施する必要があります。予約の対象はau取扱店かauオンラインショップのどちらも対象です。発売前日までにauショップなどへ出向くことが難しい場合は、auオンラインショップを活用して確実に予約を抑えておきましょう。

また、予約実施時に発行される「予約番号」や「ご注文番号」がキャンペーンエントリー時に必ず必要ですので、忘れないようにメモするかスクリーンショットなどで情報を記録しておきましょう。

さらに、購入後も2019年11月7日(木)までに専用WEBサイトでキャンペーンエントリーを実施しないと特典を受けられません。案外、エントリーを忘れて特典を貰い忘れてしまうケースがありますので要注意です。

キャンペーンの詳細やエントリーについては、こちらからご確認ください。

 

YouTube Premium最大4ヵ月無料キャンペーンについて

YouTube Premiumは一般的なYouTube機能に加えて広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生でYouTube Musicが楽しめるサービスです。

Galaxy Note10+の購入特典としてこのYouTube Premiumが最大4か月間無料で利用できるようになります。

購入期限は2020年2月29日(土)までが対象です。

注意点としては、現在YouTube Premium、YouTube Music Premium、Google Play Music のいずれも定期購入されておらず、YouTube Premium、YouTube Music Premium、YouTube Red、Google Play Music のいずれかの定期購入や、YouTube Red または Google Play Music の無料トライアルを過去に行っていないユーザーのみが特典の対象となります。

その他の詳細や各種注意事項は専用ページにてご確認ください。

YouTube PremiumとGalaxy Budsを併せて利用して、音楽や動画をもっと迫力あるサウンドで楽しみたいところです。

 

参考:Galaxy Mobile

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です