au キャンペーン

auひかり2020年10月~11月キャンペーン情報まとめ

2020年10月、今年も残すところ3ヶ月となりました。

いよいよ秋が深まってきたかと思えば、あっという間に年末、年が開けたらいよいよ転勤、進学シーズンを迎えます。

ただ、中にはこのタイミングで新生活を迎える方や、auスマホへの乗り換えと同時にauひかりへの切り替えを検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにしても、活用できるキャンペーンは全て利用して、安く契約したいものです。

 

本記事では、auひかりの最新キャンペーン情報や、代理店独自キャンペーンの活用術をまとめてご紹介します!

関連記事:「auの最新キャンペーン情報まとめ

auひかりのキャンペーンについて

auひかりのキャンペーンは、KDDIが提供している「公式キャンペーン」と、代理店が提供する「独自キャンペーン」の2つに分類されています。

 

KDDIが提供する公式キャンペーン 代理店が提供する独自キャンペーン
  • 新スタートサポート
  • 初期費用相当額割引
  • 超高速スタートプログラム(auひかりホームのみ)など
  • 独自キャッシュバック

KDDIが提供する公式キャンペーンは基本的にどの窓口でも適用できるのに対し、独自キャンペーンは代理店で申し込まなければ適用できません。

つまり、公式キャンペーンと独自キャンペーンを両方適用できる「代理店」で申し込んだほうが断然お得です。

 

例えば、当サイトで紹介している代理店のWeb窓口では、最大60,000円キャッシュバックを行っています。一方、au公式サイトの窓口では10,000円キャッシュバックです。

申し込み窓口によって最大50,000円もの差が生じます。

もちろん、キャッシュバックを受け取るには一定の条件がありますが、それらを差し引いても、auひかりは「代理店」で申し込むほうがお得です。

 

auひかり公式キャンペーンについて

auひかりのキャンペーンについてまず理解しておきたいのが、auひかりの公式キャンペーンはどの窓口(ネット窓口&店頭窓口)で申し込んでも特典を受けられるということです。

例えば、高額還元を提供する「新スタートサポート」や「初期費用相当額割引」は、ネット窓口で申し込んでも適用でき、さらに代理店独自キャンペーンなどと併用して受けることができます。

 

ここからは、auひかり公式キャンペーンの詳細を「戸建て向け」「集合住宅向け」の2種類に分けて解説します。

auひかりホーム(戸建て向けプラン)の公式キャンペーン

auひかり 新スタートサポート ホーム

auひかり新スタートサポートホームは、他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末の解約違約金相当額を最大30,000円まで還元に加え、au携帯電話を2回線以上新規契約する場合、1台につき10,000円キャッシュバックする公式キャンペーンです。

 

解約違約金相当額は、他社インターネットの解約金はもちろんのこと、他社インターネットの工事費残債・他社モバイルデータ通信端末の割賦残債・番号ポータビリティ手数料・NTT加入電話工事費用も対象です。

なお、還元額はauひかり申し込み時に選択するプロバイダによって異なり、au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-netを選択した場合は最大30,000円、Asahi Net、DTIを選択した場合は最大15,000円au PAY 残高チャージまたは郵便為替のいずれかで還元してもらうことができます。

 

また、他社インターネットからauひかりへ切り替えて、このauひかりと同一グループにau携帯電話回線2回線以上を新規契約してauスマートバリューを組む場合、携帯電話1回線あたり、10,000円のキャッシュバックを郵便為替で受け取る事も出来ます。

本特典で大きくメリットがあるのは、他社インターネットに加えて、他社の携帯電話を利用中のユーザーで、ネットとケータイを家族でまとめて乗り換えることで、大きなメリットを生みます。

 

ちなみに、本キャンペーンの還元方法としては、特典を郵便為替で受け取る方法またはau WALLET残高へチャージする方法のいずれかを選択できます。

現金の方が利用価値が高いため、個人的には郵便為替の受け取り後、最寄りの郵便局で換金することを強くおすすめします。

 

他社インターネットやケータイを事業者ごと切り替える際に、申し込みをためらってしてしまいがちな理由として「解約時の負担金」が挙げられますが、本キャンペーンの活用により、他社インターネットから新規乗り換える際の金銭的負担が軽減され、スムーズに移行できます。

関連記事:「新スタートサポートホーム(戸建て向けプラン)の詳細

 

初期費用相当額割引:auひかり ホーム

auひかりホーム(戸建て向けプラン)の月額費用相当額割引は、auひかり申し込み時に「ネット」と「電話」をセットで契約すると、ネットの利用料から毎月125円、電話の利用料から毎月500円を最大60カ月間割引する公式キャンペーンです。

月間の割引額だけでみるとわずかな値引きに見えますが、60ヶ月(=5年間)合計で考えると最大37,500円割引となります。

 

 

ちなみにauひかりホーム(戸建て向けプラン)申し込み時にかかる工事費を含めた初期費用が37,500円ですから、月額費用相当額割引を活用することで5年間利用すれば初期費用相当額が実質的に無料となるわけです。

関連記事:「auひかりの「初期費用相当額割引(月額使用料割引)」について

 

超高速スタートプログラム

auひかり ホーム5ギガ・10ギガのプランを対象とした「超高速スタートプログラム」とは、「auひかり ホーム10ギガ」または「auひかり ホーム5ギガ」のいずれかのプランを「ずっとギガ得プラン(3年契約)」で契約した場合、高速サービス利用料(10ギガプラン=月額1,280円、5ギガプラン=月額500円)から毎月500円を割引する公式キャンペーンです。

 

通常は、初月~最大3年間、高速サービス利用料から毎月500円割引されますが、「auひかり ホーム10ギガ」または「auひかり ホーム5ギガ」とセットでauスマートバリューの適用を受けている場合は、4年目以降も継続して毎月500円割引を受けることが出来ます。

 

つまり、auひかり ホーム5ギガ・10ギガとauのスマホをセットで利用しているユーザーは、5ギガプランであればホーム1ギガプランと同じ金額、10ギガプランであればホーム1ギガプランに月額780円を追加した金額で永年使うことが出来ます。

関連記事:「auひかりの「超高速スタートプログラム」の適用条件や注意点について

 

auひかりマンション(集合住宅向けプラン)の公式キャンペーン

auひかり 新スタートサポート マンション

auひかり新スタートサポートマンションは、他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末の解約違約金相当額を最大30,000円まで還元に加え、au携帯電話を2回線以上新規契約する場合、1台につき10,000円キャッシュバックする公式キャンペーンです。

 

他社インターネット(モバイルデータ通信端末)解約違約金相当額については、他社インターネット解約時に発生した負担金はもちろんのこと、他社インターネットの工事費残債・他社モバイルデータ通信端末の割賦残債・番号ポータビリティ手数料・NTT加入電話工事費用も含めて最大30,000円まで還元されます。

最大30,000円相当の還元は、au PAY 残高へキャッシュバックチャージまたは郵便為替で最大10,000円相当+月額利用料から最大20,000円割引(1,000円/月×最大20カ月)に分けて還元されます。

最大30,000円相当を2種類に分けて還元されるあたり、auひかりホーム(戸建て)の一括還元(au PAYチャージまたは郵便為替で一括)とは異なっています。

auひかりマンションの新スタートサポートの解約違約金相当額は最低20ヶ月以上継続利用を前提とした還元方法が含まれている点には気を付けましょう。

 

 

また、他社インターネットからauひかりへ切り替えて、このauひかりと同一グループにau携帯電話回線2回線以上を新規契約してauスマートバリューを組む場合、携帯電話1回線あたり、10,000円のキャッシュバックを郵便為替で受け取る事も出来ます。

本特典で大きくメリットがあるのは、他社インターネットに加えて、他社の携帯電話を利用中のユーザーで、ネットとケータイを家族でまとめて乗り換えることで、大きなメリットを生みます。

 

ちなみに、本キャンペーンの還元方法としては、特典を郵便為替で受け取る方法またはau WALLET残高へチャージする方法のいずれかを選択できます。

現金の方が利用価値が高いため、個人的には郵便為替の受け取り後、最寄りの郵便局で換金することを強くおすすめします。

 

他社インターネットやケータイを事業者ごと切り替える際に、申し込みをためらってしてしまいがちな理由として「解約時の負担金」が挙げられますが、本キャンペーンの活用により、他社インターネットから新規乗り換える際の金銭的負担が軽減され、スムーズに移行できます。

ただし、最低でも20ヶ月以上継続してauひかりを使い続けないと割引の上限額まで還元を受けられない点には注意しましょう。

関連記事:「新スタートサポートマンション(集合住宅向けプラン)の詳細

 

初期費用相当額割引:auひかり マンション

auひかりホーム(戸建て向けプラン)の月額費用相当額割引は、auひかり申し込み時に「ネット」と「電話」をセットで契約すると、ネットの利用料から毎月125円、電話の利用料から毎月500円を最大60カ月間割引する公式キャンペーンです。

月間の割引額だけでみるとわずかな値引きに見えますが、60ヶ月(=5年間)合計で考えると最大37,500円割引となります。

 

ちなみにauひかりホーム(戸建て向けプラン)申し込み時にかかる工事費を含めた初期費用が37,500円ですから、月額費用相当額割引を活用することで5年間利用すれば実質的に初期費用相当額が無料となるわけです。

関連記事:「auひかりの「初期費用相当額割引(月額使用料割引)」について

 

auひかりネット窓口(代理店)のキャッシュバックキャンペーン

auひかりホーム(戸建て向けプラン)の場合

当サイトでご紹介しているネット窓口でauひかりを申し込んだ場合、戸建て向けプランだと最大60,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

内訳としては、代理店独自キャッシュバックで20,000円、プロバイダからの振り込みで25,000円、さらに電話サービス申し込みで15,000円キャッシュバックが追加され、合計で最大60,000円還元となります。

 

もしかしたら「電話サービスまでauひかりにまとめる必要はない」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、auスマホユーザーであれば、auスマートバリューで基本料を割り引くための条件として「ネット+電話」のセット契約が条件となっていることを忘れてはいけません。

auひかりの電話サービスも追加契約することで独自キャッシュバックが増額し、さらにauスマートバリューの対象にもなるため、au回線の契約状況によっては、「ネット」だけでなく「電話」もセットで契約した方がお得になる可能性が高いです。

 

auひかりマンション(集合住宅向けプラン)の場合

当サイトでご紹介しているネット窓口でauひかりを申し込んだ場合、マンションタイプだと最大50,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

内訳としては、代理店独自キャッシュバックで15,000円、プロバイダからの振り込みで20,000円、さらに電話サービス申し込みで15,000円キャッシュバックが追加され、合計で最大50,000円還元となります。

 

昨今、マンションに固定電話を引く方は少なく、携帯電話があればそれで十分ですから「電話サービスまでauひかりにまとめる必要はない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかしauスマホユーザーであれば、auスマートバリューで基本料を割り引くための条件として「ネット+電話」のセット契約が条件となっていることを忘れてはいけません。

auひかりの電話サービスも追加契約することで独自キャッシュバックが増額し、さらにauスマートバリューの対象にもなるため、au回線の契約状況によっては、「ネット」だけでなく「電話」もセットで契約した方がお得になる可能性が高いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です