au 新プラン

auの5Gスマホ向け新料金プラン「ピタットプラン 5G」を徹底解説!

auから2020年3月26日より5Gサービスがスタートし、同日、5Gスマホ向けの新料金プラン「ピタットプラン 5G」が提供開始されます。

5Gサービスを利用するには、5G対応スマホの購入と同時に5G対応プランへの切り替えが必要となります。

 

ピタットプラン 5Gは、毎月のデータ量に応じて3段階(1GB未満、4GB未満、7GB未満)で料金が確定し、各種割引適用後は最安1,980円~利用できる料金プランです。

これだけ見ると、auの4G LTE向けプラン「新auピタットプランN」と類似していますが、ピタットプラン 5Gは、期間限定で5Gスタートキャンペーンを適用することにより、申し込み後最大25か月間、新auピタットプランNと同水準の価格で5Gの世界を体験できるのが最大の魅力です。

 

ピタットプラン 5Gは、データ量をあまり使わないライトユーザー向けの5Gプランとしてはメリットが大きいものの、実際のところは、みんな家族割プラスやauスマートバリューの適用状況によっては、データ量無制限で利用できる料金プラン「データMAX 5G」の方がメリットがある場合もあります。

 

本記事では、ピタットプラン 5Gの詳細について確認しつつ、データMAX 5Gと比較して、よりメリットのあるau 5G料金プランを選択できるよう解説していきます。

ピタットプラン 5Gの概要

au5G対応のピタットプラン 5Gは、毎月のデータ量に応じて3段階(1GB未満、4GB未満、7GB未満)で料金が確定するプランです。

各種割引を全て適用した後の合計総額は、1GB未満時1,980円~、4GB未満時2,980円、7GB未満時4,480円~となり、使った分に応じて自動確定するムダの無い料金体系です。

ピタットプラン 5Gは、次世代通信方式5Gの世界を体験したい、または5G対応の最新機種を利用したいけれど、データ通信はほぼWi-Fi環境下で利用する方や、データ量無制限の必要性を感じないユーザーにとって、おすすめのプランです。

 

ピタットプラン 5Gの料金

ピタットプラン 5Gの料金プランについて確認します。

1GB未満 4GB未満 7GB未満
基本料金(2年契約N適用時) 3,980円 5,480円 6,980円
家族割プラス 2人 △500円
3人以上 △1,000円
auスマートバリュー △500円
5Gスタートキャンペーン △1,000円×最大25ヶ月
合計金額 1,980円~ 2,980円~ 4,480円~

 

2年契約Nを適用したピタットプラン 5Gの基本料金は、1GB未満で3,980円、4GB未満で5,480円、7GB未満で6,980円となります。

通話料金やその他オプション料、端末分割金などは+α、別途加算されます。

ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、ピタットプラン 5Gを契約する全ユーザー共通です。

そこから契約状況に合わせて3つの割引が適用されます。

  1. 家族割プラスで2人なら500円割引、3人なら1,000円割引
  2. auスマートバリューで500円割引
  3. 5Gスタートキャンペーンにより最大25か月間1,000円割引

上記の基本料金と各種割引を合算した合計総額で1GB未満時1,980円~、4GB未満時2,980円、7GB未満時4,480円~となります。

家族割プラスによってauを利用しているユーザーが3人以上となれば最大1,000円割引が受けられるため、auの家族グループは意識して参加しておきたいところです。

また、auひかりなどの指定インターネットサービスを契約している場合も割引の恩恵がある点は見逃せません。

 

5Gスタートキャンペーンについて

5Gスタートキャンペーンは、auの5Gスマホ向け料金プランへ加入すると、加入当月から25カ月間、月額料金を1,000円割引されるキャンペーンです。

適用するための条件は、2020年3月26日~2020年8月31日の間に、データMAX 5G、データMAX 5G Netflixパック、データMAX 5G ALL STARパック、ピタットプラン 5G、いずれかの料金プランを契約した場合に適用されます。

ざっと計算して、1,000円×25ヶ月分=最大25,000円分も基本料金がお得になるキャンペーンですから、5G移行を検討しているユーザーは、早めに切り替えておいた方がオトクなのは言うまでもありません。

 

通話料が多いなら通話定額2または通話定額ライト2を申し込みたい

ピタットプラン 5Gを契約するユーザーで、毎月の通話が多い場合は2020年6月2日より提供される「通話定額2」または「通話定額ライト2」に別途加入することで通話料を定額にすることが出来ます。

通話定額2は、月額1,800円で対象の国内通話が24時間定額で話し放題となるオプションです。

一方、通話定額ライト2は、月額800円で対象の国内通話1回あたり5分以内であれば何度でも話し放題となるオプションです。

ただし、通話定額ライト2で5分超過した場合や、または新通話定額サービスに加入しなかった場合の通話単価については、auの家族割加入者同士の通話は無料になるものの、それ以外の電話は30秒あたり20円(衛星船舶電話への通話は30秒あたり50円)で加算されます。

なお、「通話定額2」「通話定額ライト2」は、どちらも共通して通話料だけでなく留守番サービスEX、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービス、待ちうた、割込通話も追加料金なしで利用することができます

仕事で通話を利用していたり、通話頻度が多いユーザーにとっては、通話料が割引されるだけでなく、通話がより便利に利用できるオプションまで利用できるのはありがたいところです。

「通話定額2」と「通話定額ライト2」は、通話の利用頻度や利用時間に応じて申し込みを検討しましょう。

 

ピタットプラン 5Gは2年契約N対象

今回確認してきたピタットプラン 5Gは、2年契約N対象の料金プランです。

2年契約Nは、契約から2年の定期契約を条件として基本料金を毎月170円割引するもので、更新期間 (2年契約N満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間) 以外に途中解約などの場合、1,000円の契約解除料が発生する仕組みです。

ちなみに、現在、解約金9,500円の旧2年契約を契約中の回線から、ピタットプラン 5Gへ変更した場合は、自動的に2年契約Nへ移行され、その際の解除料は発生しません。

 

2年契約Nの詳細については、関連記事にもまとめていますので、併せてご確認ください。

関連記事:「auの新料金プラン「2年契約N」へ変更する時の注意点や不明点、疑問を解消する

 

データMAX 5Gとピタットプラン 5Gを比較

ここからは、データ量無制限の「データMAX 5G」と、3段階のデータ利用量に応じて料金が確定する「ピタットプラン5G」について比較します。

 

はじめに、データMAX 5Gとピタットプラン5Gの料金内訳は以下の通りです。

データMAX 5G ピタットプラン 5G
基本料金(2年契約N適用時) データ量無制限8,480円 1GB未満3,980円、4GB未満5,480円、7GB未満6,980円
家族割プラス 2人 △500円
3人 △1,000円
4人以上 △2,020円 △1,000円
auスマートバリュー △1,000円 △500円
5Gスタートキャンペーン △1,000円×最大25ヶ月
2GB以下のデータ量割引 △1,480円 なし
合計 1GB未満 1,980円~ 1,980円~
4GB未満 4,460円~ 2,980円~
7GB未満 4,460円~ 4,480円~

データMAX 5Gは、2年契約N適用時の基本料金8,480円で利用でき、そこから家族割プラスにより最大4名以上で毎月2,020円割引、auスマートバリューで毎月1,000円割引、5Gスタートキャンペーンで最大25か月間毎月1,000円割引、さらに月間データ量2GB以下の場合は1,480円割引され、最安1,980円~利用できます。

一方、ピタットプラン 5Gでも同様に、家族割プラス、auスマートバリュー、5Gスタートキャンペーンを適用し、なおかつ月間データ量が1GB未満の場合、最安1,980円~利用できます。

両プランを比較すると、家族割プラス4名以上、auスマートバリュー、2GB以下のデータ利用時割引において、データMAX 5Gの方が割引メリットが大きいことがわかります。

どちらのプランの方が安く利用できるか?という点について考えるならば、家族割プラスを4名以上で組めて、なおかつauスマートバリューを適用できるのであれば、利用データ量に関係なく、ピタットプラン 5GよりもデータMAX 5Gの方が確実にオトクです。

 

つまり、家族みんなでauのケータイや、auスマートバリュー対象の固定回線を利用しているのであれば、データMAX 5Gの方がやや有利な一方、家族割プラスやauスマートバリューを適用せず、月間データ量7GB未満で十分という場合は、ピタットプラン 5Gのメリットが大きいと言えます。

関連記事:「auのデータMAX 5G/データMAX 5G Netflixパック/データMAX 5G ALL STARパックは5Gスマホ専用のデータ量使い放題プラン!

 

ピタットプラン 5Gのメリットとデメリット

ピタットプラン 5Gのメリットとデメリットについて考えてみます。

 

私が感じているピタットプラン 5Gのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 月間データ量に応じて料金が確定する
  • データ量上限7GBだから使い過ぎの心配不要
  • データ量の節約に神経を使う
  • みんな家族割プラスの割引メリットが少ない

まず、ピタットプラン 5Gのメリットは何と言っても、割引適用前の基本料金の安さとデータ量に応じて料金が確定する点にあり、データ量をあまり使わないライトユーザーにとって大きなメリットと言えます。

また、データ量の上限が7GBに設定されている点も、使い過ぎの心配がなくて安心です。

 

一方、ピタットプラン 5Gのデメリットは、データ量の節約や調節に神経を使ってしまう点だろうと感じています。

ピタットプラン 5Gは、1GB未満でおさまるか1GB超過するかどうかで1,500円の金額差があり、4GB未満でおさまるか4GBを超過するかどうかでも1,500円の金額差があると考えれば、安く利用する為には、おのずとデータ量の節約に神経を使ってしまいかねません。

特に月末のデータ利用量の調節は、なおさらです。

金額にかかわらず、データ通信をストレスなく思う存分楽しみたい、と考える場合はデータMAX 5Gを選択肢として考えても良いかもしれません。

また、ピタットプラン 5Gでは家族割プラスの最大割引額が3名以上で1,000円にとどまる一方、データMAX 5Gであれば4名以上で2,020円割引される点は大きな差です。

家族4人以上でauを利用しており、データ量の節約ストレスを感じることなく、思う存分楽しみたいと考える場合は、データMAX 5Gを選択するのもアリだと思います。

いずれにしても、料金プランの内訳をしっかり理解し、契約していきたいものです。

 

auの5Gエリアについて

au 5Gは2020年3月26日より、限られた一部の対象エリアからサービスの提供を開始し、順次拡大する予定です。

5G対応スマホであれば5Gエリア・4Gエリア問わず利用できますが、5G提供エリアは当初限定的なため、4GLTEの利用が中心となります。

5Gスマホの購入を検討しているユーザーは、事前にau 5Gの対象エリアを十分にご確認の上、ご契約ください。

au 5G対応エリア一覧はこちら

 

auの5G対応機種一覧

auの5G対応スマホは、ハイエンドモデルとミドルレンジモデルをバランスよく揃えた合計7機種発売されます。

 

au5G対応モデルと発売日は以下の通りです。

5G対応モデル 発売日
Galaxy S20 5G(SCG01) 2020年3月26日
AQUOS R5G(SHG01) 2020年3月27日
Xperia 1 II(SOG01) 2020年5月以降
Galaxy S20+ 5G(SCG02) 2020年5月下旬以降
OPPO Find X2 Pro(OPG01) 2020年7月以降
Mi 10 Lite 5G(XIG01) 2020年7月以降
ZTE a1(ZTG01) 2020年7月以降

当初の予想通り、Galaxy S20 5G、Galaxy S20+ 5G、AQUOS R5G、Xperia 1 IIが順次発売され、2020年7月以降よりOPPO Find X2 Pro、Mi 10 Lite 5G、ZTE a1が続いて登場します。

5Gスマホは、ハイスペック搭載モデルが多いことから、高価な点がネックですが、中にはミドルレンジスマホで購入しやすい価格帯のモデルが登場している点はありがたいですね。

ちなみに、5G対応スマホのラインナップ数はドコモやソフトバンクと比較するとauが一番多く、料金プランもさることながら、ユーザーにとって選択肢が多い点がau 5Gの最大の魅力です。

 

5Gスマホを購入するならauオンラインショップ活用を忘れずに!

auの5Gサービスを申し込み、利用するにあたって5G対応モデルを入手することが前提となりますが、auで5G対応機種を購入するならauオンラインショップを活用することを忘れてはいけません。

auオンラインショップの販売価格は頭金を含めた総額が店頭よりも安く、スマホ本体購入時は送料が無料になる点において確実に有利です。

5G対応機種を購入するなら、auオンラインショップを確実に利用していきましょう。

auオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です