auカブコム証券

やらないほうがリスク!auカブコム証券の「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」で50万円投資して1.5万ポイント確実還元!

auカブコム証券をまだ利用していない、もしくは口座は持っているけどこれまで取引したことがないという方に朗報です。

現在、auカブコム証券で50万円分投資すると15,000円分のPontaポイントが対象者全員に還元される「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」が開催されています。

今年の年末年始に余剰金50万円が用意できれば、リスクの少ない運用をして、ほぼ痛みを受けることなく15,000ポイントを獲得することができます。

50万円の投資で15,000ポイント=つまり3%の利益を短期間で生み出すことができ、獲得したPontaポイントをポイント投資で再投資すれば資産化するため、かなりおいしい案件と言えます。

まさにauカブコム証券の「お年玉企画」とでも言わんばかりの爆益キャンペーンです。

本記事では、auカブコム証券の「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」の詳細と、キャンペーンの攻略法について解説します。

口座登録auカブコム証券

「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」の概要

auカブコム証券の「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」の概要は以下の通りです。

新規口座開設期間 2020年9月28日(月)~2020年11月30日(月)
取引対象期間 2020年9月28日(月)~2020年12月30日(水)
auID登録・
キャンペーン
エントリー期間
2020年9月28日(月)~2020年12月30日(水)
1回のエントリー手続きで、キャンペーン内容①と②両方エントリーとなります。
キャンペーン内容① 対象期間中に新規で口座開設し、au IDの登録およびキャンペーンエントリー200Pontaポイントプレゼント
キャンペーン内容② 対象①か対象②のいずれかの条件を満たし、ポイントを利用した投資信託の取引額に応じて最大15,000Pontaポイントプレゼント
(ポイント利用は買付金額の全部、一部利用でも対象となります。)対象①:対象期間中に口座開設し、au ID登録キャンペーンエントリーした方
対象②:auカブコム証券の口座をすでに持っており、2019年10月1日~2020年9月25日の間に投資信託の取引き(買付約定(含、積立)及び売却約定)をしていない方、かつ2020年9月25日時点で投資信託を保有していない方
対象②もau ID登録&キャンペーンエントリーが必要です。
外貨建てMMF、公社債投信、ETF、ETNの取引は対象外です。

取引条件

ポイントを利用した投資信託の取引額に応じて最大15,000Pontaポイントプレゼント

取引額(買付-解約金額) 還元ポイント数
500円以上 5(最大1%)
3,000円以上 30(最大1%)
10,000円以上 200(最大2%)
50,000円以上 1,000(最大2%)
500,000円以上 15,000(最大3%)

上記一覧表の取引金額は、取引対象期間中にポイントを利用した新規の買付金額-解約金額(ポイント利用有無問わず買い付けた金額及び、つみたて取引含)の差額で計算されます。

<例>対象期間中に、以下①〜⑤の投資信託取引をした場合
キャンペーン対象の取引額は、4,000円で30ポイント加算の対象となります。
①→5,000円相当のスポット買取引(30ポイント利用+現金4,970円)
②→1,000円相当のスポット買取引(1,000ポイント利用+現金0円)
③→500円相当のスポット買取引(ポイント利用無+現金500円)
④→500円相当のつみたて買取引
⑤→②と③と④で買付した投資信託2 ,000円相当を全て解約
「計算式:①5,000円+②1,000円―⑤2,000円=4,000円

ポイント加算日 2021年1月末頃の予定

エントリーやau IDの連携を忘れずに行い、買い付け時に現在保有しているPontaポイントを1ポイント以上使って商品(銘柄)を購入することを必ず意識しましょう。

 

キャンペーン攻略法

それでは「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」の攻略法について解説します。

今回のキャンペーンでは最大50万円投資で15,000ポイント、つまり還元率3%を”リスクを最小限に抑えながら“獲得することができます。

攻略方法としては、変動幅が小さい「国内債券型ファンド」を年末までに購入したら「年明けすぐに売却」し、少ないリスクでポイント還元だけを狙う方法をおすすめします。

具体的な購入銘柄としては、

  • eMAXIS Slim国内債券インデックス
  • たわらノーロード国内債券
  • ニッセイ国内債券インデックスファンド

などの国内債券型ファンドがめぼしいところかもしれません。

 

流れとしては、まず新規口座開設を2020年11月30日(月)までに完了させること。そして、取引対象期間が2020年9月28日~2020年12月30日までの純増額(買い付け額−売却額)でカウントされますので、年末までに50万円分の投資信託を購入して年明け1月4日以降に売却すればオッケーです。(もちろんそのまま保有していてもOKです)

また、銘柄購入時にPontaポイントを使った購入が必須となりますので、必ず1P以上のPontaポイントを利用しながら50万円分購入しましょう。

(例:50万円分=Pontaポイント1P+499,999円)

ただ、取引対象期間のカウントは、銘柄を買い付けした日(約定日)ではなく銘柄の受け渡し日で判定されるため、12月末の購入は大変危険です。

注文から完了までに数日かかりますので、できる限り12月上旬頃までには注文を完了させておくのが理想です。

ちなみに、キャンペーンの概要に「公社債投信は対象外」という表記がありますが、国内債券型ファンドは公社債投信ではなく投資信託にあたるので問題ありません。

 

攻略法をまとめると、変動リスクの少ない「国内債券型ファンド」をPontaポイントを1ポイント以上利用した上で50万円分、12月末までの受け渡し日で入手することでpontaポイント15,000ポイント分を2021年1月末頃(予定)にゲットするというイメージです。

 

50万円の余剰金がないなら1万円からでも利益率は高い

とはいえ、「簡単に50万円の余剰金なんて準備できないぞ!」という方もいらっしゃると思います。

この場合のインパクトは弱くなりますが、利益率の高さを狙って、

10,000円分の国内債券型ファンドを購入し200ポイント(還元率2%)の還元を得るか、50,000円分の国内債券型ファンドを購入し1,000ポイント(還元率2%)の還元を得るという選択肢もあります。

年末までの買い付け→年明けに売却すれば、限りなく低いリスクで利益を生むことができます。

いずれにしても50万円分の投信購入時と同じく、「国内債券型ファンド」をPontaポイント1ポイント以上利用しつつ購入し、対象期間だけには気をつけて利用すればOKです。

また、新規口座開設であれば200ポイントがさらに加算されますので、小さいなりにも確実にメリットがあると思います。

「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」の2つの特典をうまく利用し、利益を得てください。

関連記事:「auカブコム証券をauユーザーが利用するメリットとは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です