未分類

Xperia 5 II(エクスペリアファイブマークツー)の特徴まとめ!auの発売に期待!

ソニーが2020年9月17日に『Xperia Announcement September 2020』を開催し、5GフラグシップモデルとしてXperia 5 II(エクスペリアファイブマークツー)が正式発表されました。

日本を含む各国で今秋以降、発売されます。

今回のXperia 5 IIは、前作Xperia 5の特徴をうまく継承しつつ、Xperia 1IIの性能をさらにグレードアップさせており、カメラ・ゲーム・音楽など、すべてのエンターテインメントにおいてプロ仕様の使い心地を提供するスマホへ進化を遂げています。

 

本記事で、Xperia 5 IIの特徴や魅力を解説します!

Xperia 5 IIの特徴まとめ

まずはじめに、Xperia 5 IIの注目すべき特徴をまとめます。

特徴まとめ

コンパクトボディの5G対応スマホ

5GはSub6 (6GHz未満の周波数帯)に対応

アスペクト比21:96.1インチ4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hz駆動、さらにゲームエンハンサーの設定で最大240Hz駆動まで対応

前作Xperia 5から最大4倍進化した240Hzのタッチスキャンレートタッチレスポンス速度が約35%向上

Xperia 1II同様、1200万画素対応トリプルカメラを搭載

人物や動物の瞳に瞬時にフォーカスを合わせて追従する『リアルタイム瞳AF』を搭載

世界で初めて4K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影を実現

ゲームエンハンサー機能がディスプレイ感度などを微調整できるように進化

ステレオスピーカーをフロントに搭載し、3.5mmオーディオジャックも搭載

ハードウェアデコードに対応し、音楽コンテンツなど利用時に従来よりも消費電力を約30%削減

今回のXperia 5 IIは、まさに”プロ仕様“と呼ぶにふさわしい性能・特徴を備えています。

5Gに対応し、さらにカメラ、ディスプレイ、パフォーマンス、サウンドなどあらゆる面で性能向上しており、エンタメコンテンツを思いっきり楽しみたいユーザーにぜひ使って欲しい仕上がりです。

 

Xperia 5 IIのデザイン

ここからXperia 5 IIのデザインについて確認します。

本体カラーは、ブルー、ブラック、グレー、ピンクの全4色展開となっており、筐体は前面/背面どちらもCorning® Gorilla® Glass 6を採用した高強度を誇っています。

約6.1インチのディスプレイながら、本体の大きさは68 × 158 × 8.0mm、重量は163gというコンパクトボディで、片手でも操作しやすいハンドフィットサイズとなっています。

側面には音量ボタン、指紋センサー一体型電源ボタン、Googleアシストボタン、カメラシャッターボタンの合計4つの物理ボタンが配置されています。

従来機で話題になった指紋認証の精度について大変気になるところですが、OSやソフトウェアのアップデートによって問題が改善されていることを期待します。

 

Xperia 5 IIのディスプレイ

Xperia 5 IIのディスプレイには、アスペクト比21:9で6.1インチFHD+のHDR有機ELディスプレイが搭載されています。

リフレッシュレートは120Hz描画に対応していて、ブラウジングのスクロールやゲームプレイ時の描写がなめらかになります。

比較してみると、120Hz駆動の残像の少なさは一目瞭然です。

また、ゲームエンハンサー機能で設定変更すると、120Hzの描写の間に黒画面を挿入させた最大240Hz駆動も実現できます。この残像低減技術により、さらになめらかで圧倒的にラグが少ない視覚効果が実現されます。

さらに、タッチレスポンス速度も前作Xperia 5と比べて最大4倍となる240Hz駆動を実現しており、対戦式モバイルゲームにおいてはシャープのAQUOS zeroシリーズ同様「勝ちに行くスマホ」と位置付けられます。

 

Xperia 5 IIのカメラ

Xperia 5 IIのメインカメラは1200万画素の超広角レンズ(16mm)、1200万画素の望遠レンズ(70mm)、1200万画素の標準レンズ(24mm)の合計3つのカメラレンズを搭載しています。

3つすべてのレンズが”ZEISS®(ツァイス)レンズ“となっており、カメラ愛好家が最初に取り揃えるレンズとしてよく選ばれている焦点距離のレンズを採用し、日常のさまざまなシーンに対応できるように設計されています。

なお、今回のXperia 5 IIでは、Xperia 1 IIから引き続きプロ仕様のカメラアプリ「Photography Pro」を搭載し、ソニーの一眼カメラ「αシリーズ」の使い勝手と高速撮影性能を備えています。

前作Xperia 1 IIではレーザーフォーカスを採用していましたが、今回のXperia 5 IIでは、AIによる被写体認識などソニー独自の技術で高速オートフォーカスを実現しています。

また、このほかリアルタイム瞳AFで人物や動物の瞳に焦点を合わせて追従撮影する機能や、1秒で最大20コマ撮影できる高速連写機能RAW撮影機能などを搭載しています。

一方、動画撮影はプロ仕様アプリ「Cinematography Pro」を搭載し、4K動画撮影に対応しています。そして、スマートフォンでは世界初となる4K HDRで秒間120コマのスローモーション撮影にも対応しています。

Xperia 5 IIは、普段使いからプロのような仕上げまで幅広くサポートするカメラへ進化しています。

 

Xperia 5 IIのパフォーマンス

Xperia 5 IIのCPUには前作Xperia 1 II同様、Qualcomm® のSnapdragon™ 865 5G Mobile Platformが搭載されています。

メモリにおいては、RAMは共通して8GB、ROMには128GBまたは256GBの2パターンが用意されており、日本国内で販売される場合のスペックは現段階では不明です。

先述した通り、最大240Hz駆動のリフレッシュレート、最大240Hz駆動のタッチレスポンスが採用され、ここに最高峰のCPUを備えるとなれば、現時点最上クラスの勝てるスマホが登場したこととなります。

さらに、Game Enhancer(ゲームエンハンサー)機能を組み合わせれば、ゲームをより快適にプレイできるのは言うまでもありません。

 

ゲームエンハンサー機能では、「ディスプレイ設定」で好みのリフレッシュレートやタッチレスポンスに微調整できるほか、ゲームに集中できる環境を一括管理できる「フォーカス設定」、本体の充電をコントロールして充電池の劣化を抑える「HSパワーコントロール設定」などが調整できます。

もはやXperia 5 IIの魅力はカメラだけにとどまらず、モバイルゲームのプレイ環境もプロ仕様のこだわりです。

 

Xperia 5 IIのサウンド/スピーカー

Xperia 5 IIのスピーカーは、Dolby Atmosにソニー独自のチューニングを施したものが搭載されています。

 

本体スピーカーはディスプレイの正面向きに上下2つ配置されており、左右の音圧を均等に楽しめるように設計されています。

 

また、今回3.5mmオーディオジャックを復活させ、内部配線を最適化したことでよりクリアなサウンドを楽しめ設計となっています。

 

ハイレゾ音源に対応するのはもちろん、ハイレゾ音源以外でもAIがリアルタイムで分析し音域を広げてアップスケーリングする「DSEE Ultimate」を搭載しているので、どんな音源でもよりクリアな音質を楽しめます。

さらに、アーティストと同じ空間にいるかのような音楽体験ができる「360 REALITY AUDIO」機能を搭載しつつ、今回のXperia 5 IIはハードウェアデコードで対応するため、音楽を楽しむ際にこれまでよりも約30%消費電力が削減されます。

ハードウェアデコードとは?

ハードウェアデコードとは、圧縮・符号化された動画や音声などのデータを専用のハードウェアで復号し再生すること。

ソフトウェアでデコードする場合に比べてシステムの負荷を抑えることが出来る点で優れています。

 

Xperia 5 IIのバッテリー

Xperia 5 IIのバッテリーは4.000mAh搭載されています。前作Xperia 5が3000mAhでしたから、実に33%の増量です。

また、21W以上のUSB Power Deliveryに対応した急速充電器を使えば、わずか30分で残量50%までためることが可能となっています。

さらに、Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」によって、充電時のバッテリーへ負荷を軽減し、2年使っても劣化しにくい長寿命化を実現しているようです。

このほか従来機同様、電池消費を抑えて電池持ちをよくする「STAMINA®モード」も搭載しています。

ただ、前作で「バッテリー消耗が異常に早い」という報告が相次いだことがあるため、実際に使い込んでみないと、本当に電池持ちが良いのか?という点についてはなんとも言えません。

 

Xperia 5 IIのスペックまとめ

それでは、Xperia 5 IIのスペックをまとめます。

製品名 Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)
メーカー Sony Mobile Communications
発売日 2020年秋以降
価格 約950米国ドル(日本円換算 約10万円)
カラー ピンク、ブルー、グレー、ブラック 計4色
サイズ 68 × 158 × 8.0mm
重量 163g
ディスプレイ アスペクト比21:9の6.1型有機ELフルHD+(1,080×2,520ドット)、HDR、リフレッシュレート120Hz(ゲームエンハンサーでは最大240Hzまで設定可能)
バッテリー容量 4,000mAh
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform
メモリ RAM 8GB/ROM 128GBまたは256GB
最大通信規格 5G(Sub6)
アウトカメラ
標準カメラ 24mm 1200万画素(F値1.7)
超広角カメラ 16mm 1200万画素(F値2.2)
望遠カメラ 70mm 1200万画素(F値2.4)
インカメラ 800万画素
オーディオ フロントステレオスピーカ、3.5mmオーディオジャック、Dolby Atmos対応、ハイレゾ音源対応
Wi-Fi規格 Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)
防水/防塵 IP65/68
おさいふケータイ 日本版では対応か?
生体認証 電源ボタン一体型の指紋センサー

上記のスペックをざっと見ると、ハイエンドモデルとして申し分ないものの、他メーカーのスマホと比較すると、カメラの有効画素数などにおいて少し見劣りしてしまうかもしれません。

しかし、Xperia 5 IIの魅力は数値では表せないソフトウェア面にあります。

たとえ、数値スペックで見劣りしても、AIが瞳を検知して追従撮影したり、4K HDRで秒間120コマのスローモンション撮影ができたり、進化したゲームエンハンサーでディスプレイのレスポンスを極限まで高めたり、ハイレゾ音源以外でもAIで認識してリアルタイムで音域を広げたり、ハードウェアデコードで消費電力を30%削減したり、ソニーの技術がもたらす魅力が盛り沢山です。

つまり、「外見だけでなく、大切なのは中身」です。

 

auから発売されることに期待!

さて、ここまでXperia 5 IIの特徴や魅力をご紹介しましたが、やはり気になるのは国内発売予定、しいてはauで発売されるかどうか?という点です。

ソニーモバイルは日本を含む世界中で発売日を2020年秋以降と公表していますが、現時点で国内の発売日は未定です。

auでは、9月25日に2020年9月25日(金)の午前10:00から【UNLIMITED WORLD au 5G 発表会 2020Autumn】を開催することが決まっていますので、おそらくここでXperia 5 IIが発表されるのではないかと推測されます。

一方、ソニーモバイルは最近、自社のオンラインストアでSIMフリー版Xperiaを販売していることから、そこでいつ発売されるのか?キャリア版とのスペック差があるのか?という点にも注目です。

いずれにしても、今後のKDDI(au)やソニーの続報を楽しみに待ちましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です