au 新プラン

auはドコモのアハモ(ahamo)対抗格安プランをどう差別化させるのか?

 

auはいつになったらドコモのアハモ(ahamo)に対抗する格安プランを発表するのでしょうか。
そして、もし本当に格安プランを発表するならどう差別化するのでしょうか?

 

2020年12月3日、NTTドコモは2,980円で毎月20ギガ使える4G/5G向けプラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。提供開始は2021年3月の予定です。
この料金で、さらに

  • 1回あたり5分以内の通話が無料
  • 超過時も最大通信速度1Mbps
  • 定期契約なし
  • 契約手数料もすべて無料化
  • 海外ローミング82か国で20GB利用可能

などのおまけ付き。
モバイル市場に価格破壊を起こしました。

 

一方、ahamo(アハモ)にはいくつかの注意点もあり、

  • WEBのみの受付
  • 個人名義の成人のみ対象
  • @docomo.ne.jpのアドレスが使えない

などの点にはやや気をつけなければなりません。
ただ、それよりもMNOの高速通信をこの価格で利用できるほうがインパクトが強く、世間では大いに歓迎ムードとなっています。

 

ahamo(アハモ)の発表から数日後の12月9日、auが新料金プランを発表するとあって世間の関心を集めに集めました。
が、この時発表されたのは、データ使い放題プランとAmazonプライムをパッケージ化した「データMAX 5G with Amazonプライム」というプラン。

格安プランとは程遠く、基本料金9,350円〜という超割高なプランで、さらに家族割プラスやauスマートバリューなどの条件をバリバリクリアしないと安くならないため、世間から猛バッシングが飛びました。

当日のTwitterトレンドには「9,350円」「#au解約」「#さよならau」などのワードが上位を占めていました。

 

果たしてauはこのままドコモのahamo(アハモ)にシェアを食われてしまうのでしょうか。

本記事では、auがドコモのahamo(アハモ)対抗プランをいつ発表するのか?もし発表するならどのような差別化を図るのか?徹底予想していきます。

掲載内容はすべて、あくまで私個人の見解です。

ahamo(アハモ)の料金スペックを確認

まずはドコモのahamo(アハモ)のスペックをおさらいしましょう。

auからahamo(アハモ)対抗の格安プランが登場するかどうか現時点では明らかではありませんが、知っておいて一切損はありません。

docomoのahamo(アハモ)スペック一覧
プラン名 ahamo(アハモ)
提供開始 2021年3月予定
基本料金 2,980円
データ量 20GB
超過後の速度 最大1Mbps
契約種別 4G/5G
通話 1回5分以内無料
契約年齢 20歳以上のみ
手続き方法 オンラインのみ
契約名義 個人名義のみ
手数料 新規契約・機種変更・MNP無料
解約金 なし
海外ローミング 82カ国で最大20GB
ポイント還元 1,000円につき10ポイント
注意点 @docomo.ne.jp 利用不可

上記の通り、もはや楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」も凌駕するほどの価格破壊プランです。

auは果たしてこのプランに太刀打ちできるのでしょうか。
いや、むしろauユーザーとしては何としてでも対抗プランを出して欲しいところです。

 

auのahamo(アハモ)対抗プランはいつ登場する?

auの格安プランは、ドコモのahamo(アハモ)が提供開始される2021年3月までに登場するのではないかと予想しています。

なぜなら、ahamo(アハモ)が登場する2021年3月までに対抗プランを出さなければ、大半のauユーザーが他社へ流れてしまう危機的状況だからです。

しかし、問題は先に発表したUQモバイルの「スマホプランV」の存在。

2020年10月28日に発表されたスマホプランVは、データ量20GBを毎月3,980円で使えるプランとして2021年2月から提供開始の予定です。

もとは総務省の値下げ要請に応える流れで先陣をきって発表されたこのプランですが、後出しのドコモのahamo(アハモ)には歯が立ちません。

auでの値下げプランを急がなければドコモにシェアを食われてしまうかもしれないのに、同時にUQモバイルの20ギガプランも見直しをしなければならないという状況です。

果たしてKDDIはどのような判断をするのか、auとUQモバイルの料金プラン続報に期待したいところです。

 

auはなぜ格安プランの発表が遅いのか?

しかし、なぜこんなにも格安プランの発表に時間がかかっているのでしょうか。

その理由は、料金値下げによる大幅な収益減が影響していると言って良いでしょう。

仮にスマホ契約数が3500万契約あるとして、一律で1回線あたり1,000円の値下げでも毎月350億円の減収となります。年間にしておよそ3500億円。

収益が大幅に下がると、5G基地局などを整備する投資資金が足りなくなるため、事業成長が停滞してしまいます。

政府からは値下げ要請、しかし投資資金が不足するかもしれない。
KDDIはこうしたジレンマを抱えるため、料金プラン値下げの判断をためらっていると考えられます。

 

auはどのように他社と差別化させるのか?

もしもauがドコモのahamo(アハモ)に対抗したプランをリリースする場合、どのように差別化するのかは大変見ものです。

私の見解では、

  1. アハモと同スペック+αで対抗
  2. 20GBに満たない小容量プランで対抗
  3. GAFAサービスと連携したプランで対抗

上記のいずれかで対抗するのではないか、むしろそうあって欲しいと考えています。

 

中でも特に期待しているのが、“GAFA(FANG)”サービスと連携した独自性のあるプランを打ち出してくる可能性です。

なぜなら、最近のauはこれらメガカンパニーを懇意にしたサービスを提供する傾向にあるからです。

例を挙げると、

  • auユーザー限定でYouTubeプレミアムを3ヶ月間無料提供していたり
  • auユーザー限定でApple Musicを6ヶ月間無料提供していたり
  • 過去にFacebookInstagramのデータ量をノーカウントにするプランを提供していたり
  • Netflixをパッケージ化した料金プランを提供していたり
  • Amazonプライムとパッケージ化した料金プランを発表したばかりだったり

これまでの傾向を見れば一目瞭然です。

ましてや料金値下げによって事業成績の雲行きがわからないとなれば、一層、強い企業とタッグを組んで独自性パワーエンゲージメントを高めていく可能性もあります。

もし本当にauの格安プランがGAFA(FANG)のサービスとパッケージ化したなら、たとえahamo(アハモ)より少し割高でも私は利用したい!と考えます。

いずれにせよ後発ですから、価格だけじゃなく価値の破壊力も抜群な新プランを期待したいところです。

 

さいごに

やはり、ドコモのahamo(アハモ)に負けない格安プランをauはリリースせざるを得ない気がしてなりません。

なぜなら、このままUQモバイルだけで格安戦略を進めてもドコモのahamo(アハモ)の方が価格・スペック面で圧倒的に有利だからです。

もしこのまま2021年3月を迎えてしまうと、KDDIは間違いなくドコモにシェアを食われてしまうことが目に見えています。
また、中途半端な料金プランではせっかく値下げしてもahamoのポジティブイメージを払拭することができず、契約数が一気に激減し、本末転倒です。

現段階ではまだKDDIがどのように対抗してくるか不明ですが、近い将来、ahamo(アハモ)に負けない魅力的な格安プランの続報に期待したいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です