au iPhone

iPhone 12シリーズの新機能・発売日などリークされている噂情報まとめ

日本時間2020年9月16日、Appleの新製品発表会が開催されました。

この発表会では結局、Apple Watch Series6とApple Watch SE、新型iPad Airの発表だけに終わり、あれだけ騒がれていたiPhone 12シリーズの詳細は次回にお預けとなりました。

ただ、この発表会で明るみとなった新型iPad Airのデザインや性能面が、iPhone 12シリーズの情報を”予見”させるものとなったとも言えます。

本記事では、現時点で明るみになりつつあるiPhone 12シリーズの情報をまとめてご紹介します。


iPhone 12の新機能の噂情報まとめ

さて、早速、現時点で明らかになってきているiPhone 12シリーズ新機能の噂情報についてまとめます。

iPhone 12の新機能噂まとめ

iPhone 12、12 Max、12 Pro、12 Pro Maxの4シリーズで発売か

iPhone 4や5のような角ばったデザインに回帰か

有機ELディスプレイ採用は濃厚

リフレッシュレート120Hzに対応か

2眼レンズ+LiDARスキャナまたは3眼レンズ+LiDARスキャナ搭載か

チップセットはA14 Bionicが濃厚

5G対応の可能性は順当か

Face IDとTouch IDを両方対応

上記はあくまで噂段階ではありますが、海外の有名リーカーが続々と発言していることから信憑性は高いのではないかと考えています。

どれをとっても、過去のiPhoneと比較して圧倒的な進化を遂げて登場することが期待できます。

 

iPhone 12は4つのタイプに分けて登場か

iPhone 12シリーズは、iPhone 12、iPhone 12 Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの4種類に分けて発売されると多くの有名リーカーが予想しています。

ラインナップ別のディスプレイサイズは以下の予想です。

ディスプレイサイズ
iPhone 12 5.4インチ
iPhone 12 Max 6.1インチ
iPhone 12 Pro 6.1インチ
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ

特にiPhone 12は5.4インチという小型設計なので、コンパクトなフルディスプレイiPhoneを期待するユーザーには嬉しいラインナップのひとつとなりそうです。

 

iPhone 12のカラーやデザインについて予想

次に、iPhone 12シリーズのカラーバリエーションやデザインについて予想情報をまとめます。

 

iPhone 12のカラー予想

ホワイト

グリーン

イエロー

パープル

レッド

スカイブルー

iPhone 12 Proのカラー予想

スペースグレイ

シルバー

ゴールド

ネイビーブルー NEW

前作のiPhone 11シリーズでは新色のグリーンとパープル、ミッドナイトグリーンなど様々なカラーが登場しました。今作iPhone 12でも新色の登場に期待が高まります。

現時点ではiPhone 12と12 Maxは6色、iPhone 12 Proと12 Pro Maxは4色と予想されています。

なお、Proシリーズでは前作のミッドナイトグリーンが廃止され、新色として「ネイビーブルー」が追加されると考えられています。

iPhone 12のカラーについては意見が多く分かれていますが、Proシリーズのネイビーブルーについては多くのリーカーが共通した情報を出していますので信憑性は高いと考えられます。

 

なお、筐体は過去のiPhone 4や5のような角ばったボディに回帰することが予想されており、フレームについては通常モデルがアルミニウム、Proシリーズではステンレス素材が用いられるという情報があります。

 

また、画面上部のノッチ(切り欠き)については、部品構成の見直しや再設計によって、これまでのiPhoneよりも狭くなると期待されます。

 

iPhone 12のディスプレイについて予想

iPhone 12シリーズのディスプレイには、有機ELディスプレイ(OLED)が採用されることが考えられます。

特に上位モデルのProシリーズではその可能性が濃厚です。

しかし一方、通常シリーズでは有機ELディスプレイ(OLED)を採用するという説や、液晶ディスプレイを採用するといった説も浮上しており、定かではありません。

ただ、いずれにしてもリフレッシュレートは120Hzを実現するという話があり、ブラウジングやSNSを流し見するときに滑らかな操作が体験できそうです。

リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、1秒間に何回コマ数を表示するかを表す値です。

例えば”120Hz”は、1秒間に120コマの描写を行うことを指します。

 

iPhone 12のカメラについて予想

iPhone 12シリーズのカメラについては、iPhone 12と12 Maxが2眼レンズ+LiDARスキャナ、iPhone 12 Proと12 Pro Maxが3眼レンズ+LiDARスキャナになると言われています。

カメラの有効画素数や性能面はまだ情報が錯綜していますが、LiDARスキャナの搭載は有力視されているため、これまでのiPhoneと比較してAR機能の性能向上や、カメラ撮影時のピント調節時間の短縮化が見込めます。

 

LiDARスキャナとは?

LiDARスキャナとは、光を使って距離(奥行き)を測る機能です。

2020年3月に発売されたiPad Pro(第4世代)にすでに搭載されており、被写体との距離を検知したり、AR機能の性能向上が見込まれます。

 

iPhone 12のパフォーマンスについて予想

iPhone 12シリーズのチップセットには、最新のA14 Bionicチップが採用されると考えて間違いないでしょう。

A14 Bionicは、2020年9月16日に発表された新型iPad Airに採用されることが明らかとなっており、同時期に発売されるiPhone 12シリーズでも同じく採用されると考えられます。

これまでよりもパワフルなパフォーマンス能力を持つため、高グラフィックゲームや、クラウドゲーム、AR(拡張現実)機能もより快適に楽しめることでしょう。

 

iPhone 12は5G対応の可能性が濃厚

今回のiPhone 12の目玉のひとつとして「5G対応の可能性」が挙げられます。

2020年3月よりau、ドコモ、ソフトバンクで5Gサービスが本格スタートし、各メーカーの新製品もほとんどが5G対応製品となっています。

時流の流れから察するに、iPhone 12シリーズの5G対応は間違いないでしょう。

 

ちなみに、5Gの周波数には「Sub6」と「ミリ波」の大きく2つの種類が存在しますが、iPhone 12シリーズは全てSub6に対応し、Proシリーズだけが加えて「ミリ波」に対応するという可能性が浮上しています。

つまり、iPhone 12 Proシリーズでは、より高速で低遅延で大容量通信な5Gを体験できそうです。

Sub6とミリ波とは?

次世代モバイル通信規格の5Gの周波数帯域には、6GHz未満の比較的低い周波数帯を利用した「Sub6」と、30~300GHz帯を利用した「ミリ波」の2つがあります。

Sub6は、4Gでも使用されていた6GHz帯以下の周波数を活用する5Gのことで、国内キャリアで展開が始まっている5Gのほとんどがこの周波数帯です。

一方のミリ波は、128GHz帯の高周波数を活用する5Gのことで、高速・低遅延・大容量の通信が期待できます。しかし、直進性が強い性質上、建物が密集する場所や室内では電波が届きにくいという懸念点があります。

 

iPhone 12シリーズはFace IDとTouch ID両方に対応か

今やマスクをして外出することが当然の世の中に変わってしまいました。

過去のiPhoneでは、Touch ID(指紋認証)が廃止された代わりにFace ID(顔認証)が搭載されていますが、今、改めてTouch ID(指紋認証)の必要性が出てきています。

今回のiPhone 12シリーズでは、Touch IDとFace IDの両方に対応して登場するのではないかと予測されています。

なぜなら、先に発表された新型iPad Airでは、電源ボタン一体型指紋センサー(Touch ID)を搭載することが明らかとなっているため、iPhone 12シリーズでも同様に電源ボタン内指紋認証の搭載が期待できるからです。

 

iPhone 12の発表・予約開始日・発売開始日の噂

Apple製品の有名リーカーJon Prosser氏によると、新型iPhoneの発表は10月13日、予約は10月16日から、発売日は10月23日からになると噂されています。

彼はアメリカ人ですから、これを日本時間に直すと10月14日(水)に発表、10月17日(土)に予約開始、10月24日(土)に発売開始ということとなります。

とはいえ、過去のiPhone発売日は木曜日や金曜日などの平日週末に集中していることが多かったため、果たしてこの情報通りにスケジュールが進むのかは疑問が浮かびます。

参考までに過去3年間の歴代iPhoneの発売日(いずれも日本時間)をまとめます。

発売日(日本時間)
iPhone8 2017/09/22(木)
iPhone8Plus 2017/09/22(木)
iPhoneX 2017/11/03(木)
iPhoneXS 2018/09/21(金)
iPhoneXS Max 2018/09/21(金)
iPhoneXR 2018/10/26(金)
iPhone11 2019/09/20(金)
iPhone11 Pro 2019/09/20(金)
iPhone11 Pro Max 2019/09/20(金)
iPhoneSE
(第2世代)
2020/4/24(金)

 

いずれにしてもiPhone 12シリーズは、2020年10月第3週に発表・予約開始第4週以降に発売開始、という線が濃厚かもしれません。

 

iPhone 12と12Pro、12 Maxと12 Pro Maxは発売日が異なる可能性も

ちなみに、今年の新型iPhoneは、iPhone 12と12 Proの小型機種が先に発売開始され、iPhone 12 Maxと12 Pro Maxの大型機種が遅れて発売開始となることも噂されています。

確かに過去のシリーズではコンセプトが異なるiPhoneをズラして発売することはありましたが、コンセプトは同様だが端末サイズが異なるiPhoneをズラして発売することはありませんでした。

販売戦略や製造ラインのスケジュールの都合を考えれば、このようにサイズに分けて発売される可能性も非常に高いのではないかと考えています。

 

iPhone 12 Proのコンセプト動画も登場

一足先に海外の動画製作者によってiPhone 12 Proのコンセプト動画もアップされています。

Apple公式コンセプト動画か?と疑ってしまうほど美しいクオリティです。

 

iPhone 12シリーズのau発売日は?

近年のiPhoneはApple直売店や取扱キャリアを問わず、世界同時販売が慣例です。ですからiPhone 12シリーズのau発売日も、同じく2020年10月第4週目の週末あたりが濃厚だと考えておいて良さそうです。

いつもAppleの製品発表会の翌日頃にKDDI(au)が予約開始日・発売日を公表しますので、iPhone 12シリーズの購入を検討している方は、その時期の情報を即刻キャッチして、すぐにauオンラインショップで予約しておきたいところです。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です