au iPhone

auの「iPhone得割」は2019年10月1日に始まった本体価格最大16,500円(税込)割引のお得なキャンペーンです

2019年10月1日にスタートした「iPhone得割」は、iPhone Xs/Xs Max/XR/8を対象として最大16,500円割引する太っ腹なキャンペーンです。

本施策は「iPhone au WALLETキャンペーン」と併用して最大19,500円分(税込み)お得が生まれるので、iPhone 11に拘らなくてもよいというユーザーには金額メリットが大きいキャンペーンです。

また、auの下取りプログラムと併用することで、さらに大きく割引を重畳適用することが出来ます。

消費増税後もauはユーザーフレンドリーなキャンペーンをまだまだ提供してくれますね。

詳細や注意事項を確認していきましょう。

 

関連記事:「auの2019年10月~11月のキャンペーンや割引特典を一覧でまとめます

詳細ページ公式ページ

iPhone得割って何?

iPhone得割は2019年10月1日にスタートした、auの対象iPhoneを購入時、最大16,500円分のポイントを端末値引きに充当してお得にiPhoneを購入できる割引特典です。

※開始時期は2019年10月1日(火)からスタートし、終了時期は未定です。

 

iPhone得割の対象機種と割引金額は?

iPhone得割の対象iPhoneと割引額をまとめます。

対象端末 割引額(税込み
iPhone Xs Max 16,500円
iPhone Xs 16,500円
iPhone XR 16,500円
iPhone 8(64GB) 11,000円
iPhone 7(32GB) 11,000円

以上5機種のiPhoneが対象です。金額も全機種1万円を超える破格な値引き特典です。

 

iPhone得割の条件は?

iPhone得割を適用させる条件は非常にシンプルです。

  1. 新規契約
  2. 新規契約(MNP番号乗り換え)
  3. 機種変更(auで購入した直近の端末利用が12ヵ月目以上の場合

以上のau回線で対象のiPhoneを購入した場合、値引き特典を受ける事が出来ます。

ただし、アップグレードプログラムDXなどを利用してauの回線契約なく端末購入のみ行う場合は残念ながら本施策対象外となっています。

 

対象となる購入チャネルは?

iPhone得割の割引特典を受ける場合の購入チャネルが決まっています。

auショップ・auオンラインショップ・au取扱店(家電量販店等)で購入すると、割引を受けられます。基本的に、auでiPhoneを購入する場合は全てのチャネルで特典を受けられますので、都合が良いチャネルで購入して良さそうです。

ただし、沖縄県下のauショップ・au取扱店では本施策は対象外となっております。沖縄県下で購入するユーザーはauオンラインショップで対象のiPhoneを購入しましょう。

 

iPhone au WALLETキャンペーンと併用可能なので賢く利用すれば最大19,500円(税込)分お得に!

さて、ここからはいかにキャンペーンを重畳してお得にiPhoneを購入するか?という点について考えていきます。

iPhone得割と同時並行に実施されているキャンペーンのひとつに「iPhone au WALLETキャンペーン」があります。このキャンペーンは、対象条件を満たすと翌月に3,000ポイント還元される内容です。

iPhone得割の最大16,500円と本キャンペーン3,000ポイントで総額19,500円分(税込み)の得を生み出します。

もちろん、この2つのキャンペーンは同時併用可能です。しかしながら、対象の共通機種、対象期間、条件は各キャンペーンに違いがありますので注意しましょう。

関連記事:「iPhone au WALLETキャンペーンを活用/auオンラインショップで購入する場合は要注意

 

アップグレードプログラムとの相性を考え、端末割引せずポイント付与の選択はできるのか?

iPhone得割についてauは公式サイトで以下のとおり注意事項を記載しております。

ご購入代金のみに充当できるポイントを付与することにより機種代金から割引致します。機種代金が割引額を下回る場合、割引額は機種代金が上限です。

ここで思いついたことが「端末購入にポイントを充当せずに、ポイント付与という選択肢ができないのか?」という方法です。

「機種代金が割引額を下回る場合、割引額は機種代金が上限です」と記載してありますが、そうではなく、「ポイントを値端末引きそのものに充当せず還元を受けられないか?」という方法です。

そう考えた理由は、アップグレードプログラムとの相性が良いからです。

ここから少し話はズレますが…

アップグレードプログラムは、毎月390円の掛け金をかけ続けておくと、端末を分割48回購入した後、25か月目以降に利用してきた端末をauに回収してもらうと残りの残債24回分を支払わなくて良い割引サービスです。

つまり、端末購入時にiPhone得割などで最初から値引きした後に分割を組む場合と、端末割引せずにをポイント付与して別の利用用途に使うのとでは、iPhone得割で最大16,500円割引の約半額8,250円分の機会損失が生じる可能性があるわけです。

だからこそ、iPhone得割を利用せずに、ポイントを付与しau PAYなど他の手段で活用できればもっとオトクが大きくなるのではないか?と考えたのです。

 

しかし結論は、「端末割引に充当するキャンペーンなので、ポイント付与として本キャンペーンを使う事は出来ません。」

あくまで端末割引の即時充当のみの対応のようですから、最初から一気に値引きが充当してもらいましょう。値引き額がたくさんあればあるほど、アップグレードプログラムを利用する場合に機会損失する可能性がありますから、そのあたりのバランスを考えて活用していきましょう。

 

下取りプログラムと併用してもっとお得に購入したい

下取りプログラムは、現在利用しているスマホ・タブレット・ガラケーを下取りに出すことで、端末に応じた下取り金額を新しく購入する端末の値引きに充当し、定価よりも安く買い替える事ができる割引です。

iPhone得割とiPhone au WALLETキャンペーンを重畳適用させれば、最大19,500円分(税込み)のお得が生まれますが、ここに下取りプログラムを適用させればさらに割引が大きくなります。

つまり3つのキャンペーン全て組み合わせる事で最大19,500円分(税込み)+下取り価格分のお得が生まれるわけです。

ただし、先述の通りアップグレードプログラムとの相性は割引額が大きくなればなるほど悪くなる可能性があるので、賢く活用しましょう。

端末価格が実質高騰化している状況下でも、うまく組み合わせて良い機種をもっとお得に購入することが出来るのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です