au iPhone

auでiPhoneをお得に機種変更する方法・キャンペーン割引まとめ

以前よりもauのiPhoneの購入価格が高くなったと感じる方は多いと思います。

この背景には、「毎月割」の仕組みが無くなったことが影響しています。

 

現在は、毎月割の代用策として「アップグレードプログラムNX」を活用し、本体価格を実質3分の1安く購入することが出来ます。

キャンペーン適用後の本体価格において、毎月割とアップグレードプログラムNXは大差ありません。

 

iPhoneをお得に購入するためには、料金プランやキャンペーン情報に敏感であり続け、意識して活用することが重要だと考えています。

本記事では、auでiPhoneをお得に購入するポイント、料金プランを安く利用するコツなどを解説します。

auのiPhoneをお得に購入する3つのポイント

下取りプログラムは必ず活用したい

下取りプログラムは、現在利用しているスマホ・iPhoneを回収に出すことを条件として、購入端末が割引されるプログラムです。

現時点の最高割引額は67,100円です。特にiPhoneは世界中で需要が高く、年数が経過していても高値で取引されています。→下取りプログラムの最新価格はこちら(au公式)

 

2019年10月より、端末値引きは20,000円が上限と規制されており、ユーザーとしては気軽にiPhoneを購入しにくくなりました。

ただし、下取り端末は、ユーザー保有の資産という見方が強いため、上限20,000円を超える割引が適用できます。

auでお得にiPhoneを購入するなら、下取りプログラムは絶対に欠かせない割引です。

 

ただし、下取りプログラムは、査定基準など各種条件があります。→下取りプログラムの詳細ついて

 

 

アップグレードプログラムNX

アップグレードプログラムNXは、最新iPhoneを実質3分の2の価格で購入することができるプログラムです。au回線がなくても利用できます。

 

アップグレードプログラムNXの内容は、最新iPhoneを分割36回払いで購入した後、25か月目以降に回収へ出すと、残り分割金(最大12か月分)の支払いを免除されるという仕組みです。

例えば、定価15万円のiPhoneを購入した場合、購入25か月目に回収へ出すと実質10万円で購入することが出来ます。

 

ただし、アップグレードプログラムNXにも査定基準や条件があります。→アップグレードプログラムNXの詳細はこちら

 

 

auオンラインショップで購入は鉄則

auオンラインショップは、au(公式)が提供するオンライン購入窓口です。最新iPhoneやAndroidスマホに加え、オプション品やギフトコードも購入できます。

 

auオンラインショップでiPhoneを購入するメリットは、頭金が不要という点です。

本来、頭金の設定は販売代理店の裁量に委ねられており、店舗によって価格が異なります。

仮にiPhoneの頭金を10,000円と設定している店舗で購入した場合と比較すると、auオンラインショップであればiPhone本体+フィルム+ケースをセット購入してもお得です。

しかし、注文手続きから商品到着までに数日かかる点はオンラインショップのデメリットかもしれません。

 

商品到着まで時間の余裕がある場合は、auオンラインショップでiPhoneを購入する方が確実にお得です。

 

 

auで一番安い料金プランを理解する

どれだけiPhoneの本体価格を安く購入しても、毎月の基本料が高いままだと意味がありません。

仮に毎月の基本料金が1,000円お得になれば、3年間で36,000円もお得になります。

基本料金を安くすることは、本体割引以上に強く意識していく必要があります。

 

ここから、一番安く料金プランを組むためのポイントを解説します。

2年契約Nへプラン変更し、解約金を1,000円化

2019年10月以降、2年契約Nという新しい定期契約が8プラン(スマホ向け6プラン・タブレット2プラン)提供されています。

2年契約Nは、更新期間や自動更新の仕組みはそのままに、更新期間以外の解約金を1,000円とする仕組みです。なお、2年契約と2年契約Nでは、同一プランの価格は変わりません。

従来の2年契約では解約時負担金は9,500円でしたが、これが1,000円となり大幅に減額できます。

しかも、プランの価格は据え置きですから、iPhoneを機種変更する際は、同時に2年契約Nへ変更することをおすすめします。→2年契約Nの詳細はこちら

 

 

今、一番安いプランは「新auピタットプランN」と「auフラットプラン7プラスN」

2年契約N対象プランのうち、毎月の利用料金が一番安いプランは「新auピタットプランN」と「auフラットプラン7プラスN」の2つです。

 

2つのプランの特徴は以下の通りです。

プラン 特徴 データ量 価格
新auピタットプランN 毎月のデータ利用量に応じた段階性プラン 1GB未満 2,980円
4GB未満 4,480円
7GB未満 5,980円
auフラットプラン7プラスN 毎月7GB利用でき、対象SNSがデータ量カウントフリー 7GB 5,480円

auフラットプラン7プラスNは、対象SNSがデータ量を消費しない特徴があります。

対象となるSNSは、Twitter、Instagram、Facebook、+メッセージの4サービスです。

 

2つのプランを選択する場合は、毎月のデータ利用量の平均値で判断すると良いでしょう。

毎月のデータ利用量の平均が4GB未満であれば新auピタットプランNを選択し、毎月4GB~7GBの利用量であればauフラットプラン7プラスNがおすすめです。

 

 

よく電話をかけるなら「通話オプション」を契約

新auピタットプランNやauフラットプラン7プラスNを利用する場合、よく電話をかけるなら通話オプションを契約しましょう。

通話オプションは「通話定額」「通話定額ライト」「契約しない」の3タイプから選択できます。

 

通話オプションの特徴は以下の通りです。

通話オプション 特徴 料金
通話定額 国内通話24時間通話無料 1,700円
通話定額ライト 1回あたり5分以内の通話無料 700円(初回12か月500円)
契約しない 通話30秒あたり20円加算 0円

 

通話オプションは、以下の注意点があります。

  • いずれの通話オプションでも、ナビダイヤル(0570)、0180(テレドーム)、衛星電話、船舶電話、SMSなどは無料対象外となります。
  • 通話定額ライト契約時に、1回あたりの通話で5分を超えた場合は、30秒あたり20円加算されます。
  • いずれの通話オプションでも「家族割」「au→自宅割(無料の場合)」を利用中の場合、通話料割引は適用されます。

 

通話料金を安く抑える方法として、iPhoneのFaceTimeオーディオ通話機能またはLINE通話を利用する方法も良いかもしれません。

これらのサービスを利用すれば、通話料金はかからずデータ量のみ消費して、通話料金コストをぐっと抑えることだ出来ます。

また、通話品質は格段に進化しており、通常の通話サービスと大差ないクリアな音質で通話を利用できます。

 

 

毎月の基本料金を割引やキャンペーンでコストを下げる

家族割プラスは3回線以上で組みたい

家族割プラスは、同一住所に住んでいる家族のau回線数に応じて基本料金が安くなる割引です。

特に2回線・3回線以上で割引額が異なり、人数が多くなるにつれて割引額が増えます。

 

新auピタットプランNとauフラットプランNの割引額は以下の通りです。

プラン 同一住所の回線数
2回線 3回線以上
新auピタットプランN △500円 △1,000円
auフラットプラン7プラスN △500円 △1,000円

両プランは、同一住所の3回線以上で1,000円割引です。

同一住所という点が気になります。

 

しかし、家族と離れて暮らす単身者でも、auスマートバリューの同一グループであれば、離れて暮らす50歳以上の家族回線も家族割プラスのグループに加入できます。

家族と離れて暮らしていても、条件さえ満たせば家族割プラスを最大限活用できます。

家族割プラスはau新料金プランのうち、お得に利用する為には欠かすことが出来ない割引です。

 

申し込み対象をきちんと理解し、毎月の料金コストをぐっとお得に利用しましょう。→家族割プラスの詳細はこちら

 

 

auスマートバリューでもっとお得にまとめる

auスマートバリューは、au提携のインターネットを契約することで、基本料金が安くなる割引です。

 

新auピタットプランNとauフラットプランNの割引額は以下の通りです。

プラン データ量 auスマートバリュー割引額
新auピタットプランN 1GB未満
4GB未満 △500円
7GB未満 △500円
auフラットプラン7プラスN 7GB △1,000円

auスマートバリューの特徴は、データ量をたくさん使うプラン程割引額が大きくなる点です。

新auピタットプランNで1GB未満のライトユーザーだと割引がありません。一方、auフラットプラン7プラスNであれば、毎月1,000円値引きです。

auスマートバリューを適用すると、必ず安くなるとは一概には言えません。しかし、毎月のデータ量に困っているユーザーは、ギガ数が多めのプランを契約してお得に利用しつつ、残りデータ量を気にすることなく利用できるというメリットがあります。→auスマートバリューの詳細はこちら

 

 

auの学割はオマケ

auの学割は、25歳以下のユーザーであれば基本料金が割引されるキャンペーンです。

2019年11月1日よりサービス開始となり、大手キャリアの中で一番早く提供を開始しました。内容としては、申し込みから6か月間、各プランに応じた割引額が適用されます。

 

新auピタットプランNとauフラットプランNの割引額は以下の通りです。

プラン データ量 割引額
新auピタットプランN 1GB未満
4GB未満
7GB未満
auフラットプラン7プラスN 7GB △500円

残念ながら、今年のauの学割では新auピタットプランNは割引対象外です。また、auフラットプラン7プラスNでもわずか500円割引で、個人的にはお得感が薄い印象です。

auで一番安い料金プランで利用しようと考える場合、auの学割はあくまでオマケ程度で捉えておいて良いかもしれません。→auの学割の詳細はこちら

 

 

au料金プラン最安価格まとめ

ここまで、最安の料金プランや割引・キャンペーンの内容について確認しました。

ここからは、これらの料金プランと割引を全て足し合わせて、料金プランで総額いくらで利用できるのかシミュレーションしていきます。

 

プラン 新auピタットプランN auフラットプラン7プラスN
データ量 1GB未満 4GB未満 7GB未満 7GB
金額 2,980円 4,480円 5,980円 5,480円
家族割プラス(3回線以上) △1,000円 △1,000円 △1,000円 △1,000円
auスマートバリュー △500円 △500円 △1,000円
auの学割 △500円
合計金額 1,980円~ 2,980円~ 4,480円~ 2,980円~

 

最安プランを考えると、家族割プラスは確実に3回線以上で組みたいです。

1,000円割引を永続的に利用できるメリットは、他の割引よりも圧倒的に重要性が高いです。どうしても家族構成や利用環境によって異なる点が何とも言えませんけどね。

 

家族割プラスとauスマートバリューがセット適用できる場合、auフラットプラン7プラスNを選択する方が安心かもしれません。

対象SNS使い放題に加えて7GB利用できる上、7GBを超えたら自動的に通信制限がかかります。新auピタットプランNのように、毎月のデータ量を逐一気にするストレスがありません。また、4GB以上利用するなら1,000円安く利用できる場合もありますからね。

毎月のデータ利用量の平均値、家族割プラスやauスマートバリューの適用範囲を比較して選択すると良いでしょう。

 

 

auの最新iPhoneの価格一覧

auで販売されている最新iPhoneの販売価格とアップグレードプログラムNX適用時の実質負担額を一覧で確認します。

製品名 本体容量  本体価格(税込み) アップグレードプログラムNX適用時最安価格
iPhone 11 64GB 90,720円 60,480円
128GB 96,480円 64,320円
256GB 109,440円 72,960円
iPhone 11 Pro 64GB 127,440円 84,960円
256GB 144,720円 96,480円
512GB 170,640円 113,760円
iPhone 11 Pro MAX 64GB 140,400円 93,600円
256GB 159,120円 106,080円
512GB 185,040円 123,360円

最新iPhoneは、アップグレードプログラムNXを利用することで実質3分の2の価格で購入することが出来ます。

毎月割がなくなった今、アップグレードプログラムNXはiPhoneを安く機種変更するカナメです。

 

 

iPhone 11をau最安プランで購入した場合のシミュレーション

それでは、iPhone 11(64GB)をauの一番安い料金プランで購入した場合、毎月の総額がいくらになるのかシミュレーションします。

内訳 金額
新auピタットプランN(1GB未満) 2,980円
家族割プラス △1,000円
消費税 198円
iPhone 11(64GB)税込み 2,520円×36回
合計総額 4,698円~

 

数年前、機種代金込みで毎月8,000円前後だった頃と比較すると、4,698円~という金額は飛躍的に安くなったように感じます。

しかしながら、iPhone本体の購入代金が原価である点は割高感が否めません。

auで最新iPhoneを購入する場合、いかにiPhoneの購入代金を下げられるかがポイントです。

「下取りプログラム」の活用で最大限割引を効かせつつ、利用後のiPhoneを実質値引きする「アップグレードプログラムNX」を利用するとお得感が生まれます。

つまり、auで最新iPhoneを安く入手するためには、短期間で機種購入と回収を繰り返す方法が一番トクをする仕組みなのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です